キャンプ用品、沢山あるけれど必要なものは仲間と分担して揃えよう。

持っていくか?持っていかないか?


f:id:mozzarellatan:20170527183731p:plain


「さあ、キャンプに行こう!」場数を踏んだキャンプの達人なら、使い慣れたとっておきの道具類を、何の迷いもなくさっさと車に積み込むことでしょう。しかし、「キャンプは初めて。何も持ってないな。どうしよう?」そう頭を悩ます人も多いはずです。最近では、「手ぶらでキャンプ!」ということをよく聞きます。確かにその通り。テントから寝具、調理器具、食材までも当日に用意してくれる、親切でとてもありがたいキャンプ場も存在します。




[スポンサーリンク]



しかし、それなりのお金を払う必要があります。費用はかさむけど、そんなお手軽なキャンプもいいかもしれません。テントを張ったり、食事を作ったり、そんなことに時間を費やすよりも大自然の中で心ゆくまでリラックスしていたい、一日中川遊びや海水浴を楽しみたい、そういう人にはまさにぴったりでしょう。


あるいは、キャンプなんか初めてだし、せっかくいろいろキャンプ用品を揃えても、この先続くかどうかもわからないし・・・そういう人達にとっても正しい選択かもしれません。


でも、何度か経験を重ねていくうちに、おそらく誰もが自分だけの道具を何かひとつ、持ちたくなるはずです。あるいは、キャンプの回数が多くなり、レンタルするより買ったほうが得になる場合もあります。テント?寝袋?バーベキューセット?ダッヂオーブン?さあ、何から揃えましょう。


仲間と分担して揃えていこう。


f:id:mozzarellatan:20170527183749p:plain


一人でキャンプをするのが好き。そんな人もいるでしょうが、大概は気心の知れた仲間達と連れ立って、という場合がほとんどでしょう。ほとんどのキャンプ場では、キャンプ用品のレンタルをしています。最低でも、テントぐらいは貸し出ししているはずです。しかしここでは、あえてレンタルせず、薪と炭だけを受付で購入するだけにしておきましょう。⦁ テント(人数に合わせましょう。) テントの下に敷くグラウンドシートも必要です。


⦁タープ(いわゆる日よけです。) 急な雨にも安心です。タープ付きのテントもあります。


⦁寝袋(あまり安価なものだと、春先や秋口にとても寒い思いをするので考えて選びましょう。)寝袋の下に敷くパッドは忘れずに用意しましょう。床は硬くてとても安眠できません。


⦁焚き火台(直火禁止のキャンプ場が多いので、あると便利です。ユニフレーム、スノーピークなどのメーカーさんが有名ですよ。) 炭を扱うトングと焼き網も忘れずに。


⦁ランタン(これがなければ、夜は暗くて何もできません。)


⦁折りたたみ式テーブル(料理をしたり、何かと便利です。)


⦁折りたたみ式チェア(人数分用意しましょう。ホームセンターなどで1000円以内で買えるようになりました。 ヘリノックスのチェアワン。軽量コンパクト。最近よく見かけます。


f:id:mozzarellatan:20170527183831p:plain


⦁クーラーボックス(腐りやすい食材を入れます。保冷剤は忘れてはいけません。)


⦁調理道具(鍋、フライパン、包丁、まな板、ボウル、等)


⦁食器類(コールマンなどで、大人数用のセットも販売されていますね。各自が自分用のセットを持っていてもいいかもしれません。)


以上が最低限必要なキャンプ用品です。寝袋、折りたたみ式チェア、食器類は各自用意するとして、それ以外の道具については仲間で話し合って決めましょう。1家族でのファミリーキャンプとなると、どうしても負担が大きくなります。レンタルできるものはレンタルで済ませ、クーラーボックスやランタンなどから揃えていくのもいいでしょう。


食器類は紙のもので済ませ、調理道具は普段使っているものを持っていけばいいのです。個人装備としては、雨具は絶対持っていきましょう。急な天候の変化で雨が降ることもあります。せっかくの楽しいキャンプで風邪を引くのは避けたいですね。


こだわりの道具があれば、一味違った楽しみも。


雨風しのげて、お腹も満たされました。ここで、こだわりのキャンプ用品を使ってみるのも楽しみのひとつです。


⦁ハンモック最近は自律型のものもありますが、木と木の間に吊るして、昼寝や読書も優雅です。


⦁ダッヂオーブン鉄製の鍋です。重くてお手入れが少し面倒臭いですが、キャンプの調理道具の定番です。厚みがあることで温度変化が少なく、鍋の中がほぼ一定の温度に保たれるので、食材にじっくり火が通 ります。蓋の上に炭を置くことでオーブンの役目も果たし、パンなども美味しく焼くことができます。チキンを丸ごと焼いたり、じっくりコトコトシチューを煮たり、炊き込みご飯なども作れます。スキレットというものもあります。ダッヂオーブンのフライパン型です。パエリアやスペイン風オムレツなど、様々な料理が作れます。


⦁パーコレーター コーヒーを淹れる道具のひとつで、キャンプ好きコーヒー好きを自負する人は持っている確率が高いです。豆は粗めに挽いて、沸騰したお湯が循環し、次第に濃いコーヒーになってゆく、そういう仕掛けになっています。



[スポンサーリンク]



まとめ


キャンプ用品は、日常生活では味わえない野外での遊びに、様々な彩りを与えてくれます。 レンタルで揃えても良し、自分で揃えても良し。ただし、その中でたったひとつだけでもこだわりの道具があっても いいのではないでしょうか?
www.momochakei.com

ブログランキング・にほんブログ村へ