恋人が早く欲しいなら、本気で女性に惚れたらダメ(NG)な理由


女性は自分よりも格下の男性を相手にしない


f:id:mozzarellatan:20170513190502p:plain


非モテ男性は「恋人が早く欲しい欲求が強い」状態で女性と接すると、スグに相手に惚れてしまう傾向があります。どんな女性と付き合うべきかという視点よりも、とにかく早く恋人が欲しいという気持ちが優先して、接した女性のほとんどが恋愛対象となってしまうのでしょう。


しかし、イケメンならいざ知らず、非モテ男性がそんな精神状態で女性にアプローチをかければ、「あ、この人何だか必死」「ひょっとして私ロックオンされてるかも」と警戒されます。警戒されなかったとしても、「自分に媚びてくる男性」として認知される可能性があります。これが何故NGなのかを理解できるかどうかが、非モテとモテる男を別ける一つの境界線かもしれません。




[スポンサーリンク]



弱い遺伝子を残したいメスはいない


まず、「女性は自分に媚びる男性に対してどう思うか」を考えたことがあるでしょうか。「一途で誠実な男性と映るはず」「優しい男だと伝わるはず」といった考えを持っているようであればNGです。おそらく恋人が欲しいあまり、非モテ男性の部類に入るかもしれません。そもそも女性は「自分に媚びる男性」に惹かれることはありません。


f:id:mozzarellatan:20170513190514p:plain


人間に限らず、生物としてのメスは、その生存本能から「強いオス」を好み、強いオスと生殖行為をすることによって子孫を残します。たとえ「優しい男性がタイプ」「ルックスとか年収とか一切気にしない」という女性の発言を見たり聞いたりして安堵している男性もいるかもしれませんが、これらは全て「社交辞令」だと心得ておく必要があります。


女性は女性で、太古の昔から「周囲と共存しなければ生き残れない」ことをよく知っています。これは親から教わるものではなく、もともとDNAに刻まれているのでしょう。人間も動物です。動物であるからには、人間としての思考よりももっと多く深くに刻まれているのが本能です。恋人が欲しいと本気で思うなら、まずは「弱いオスの遺伝子を残したいメスはいない」ということを、しっかりと理解しておく必要があります。


[スポンサーリンク]




現代におけるオスの強さとは


とにかく女性は強いオスの遺伝子を本能的に求めるため、自分に媚びてくるような弱い男性に異性としての魅力を感じることはありません。では、ここでの「強い雄」とは何を指すのでしょうか。


最もシンプルな雄の強さは「戦闘力」でしょう。戦闘力は、獲物を捕まえたり、自分たちの縄張りにやってきた侵略者を叩きのめす際に欠かせない能力です。これはおそらく石器時代から続いています。戦闘力は、「筋力」や「敵を威嚇する際の声の大きさ」のほか、内面的な闘争本能などから構成されますが、文明が発達した現代社会では、戦闘力だけで女性を惹きつけることが難しくなりました。


だとすると、法律で統制された現代社会で「オスとしての強さ」は「お金」ということになります。経済力こそが、現代社会を生き抜く上でのスキルである以上、「年収が高い男性」「お金を持っていそうな男性」に女性が惹かれるのは、本能として当然のことだと理解できるでしょう。その点、手っ取り早く恋人が欲しい場合、経済力のある男性はその力を遠慮せずに使えばよいので有利です。


また、学生時代に「密かに好意を寄せていた女の子」がヤンキーと付き合っていたことを知って、「清楚でピュアな子だと思っていたのに」と、ショックを受けた経験はないでしょうか。経済力が生存率へ与える影響が少ない中高生の時期においては、雄としての強さは「喧嘩が強いかスポーツが得意か」という基準で判断される傾向にあり、実際、ヤンキーやスポーツマンがモテるのはこの時期です。


恋愛は「男が惚れたら負け」の法則


f:id:mozzarellatan:20170513190525p:plain


特に非モテ男性の場合、もし本気で恋人が欲しいなら、簡単に女性に惚れてしまわないように理性で自分をコントロールする必要があります。惚れていない状態で女性へアプローチをかけることが、「自分は惚れずに相手に惚れさせる」ための鉄則となりますが、これを「そんなのは恋愛じゃない」と否定する男性がたまにいます。


しかし、残念ながら「非モテ男性」の場合、漫画やドラマの主人公の様に「熱い思いをぶつけて玉砕覚悟でアタック」の精神でいる限り、上述した諸々の理由から、永久に女性と付き合うことは無理でしょう。本気で惚れた女性に対して一途な想いを持ち続け、その恋が実るのは映画やドラマの中だけの世界です。そもそそも、彼ら主人公は少なくともヒロインとの多くの接点がありますが、現実はどうでしょうか。仲良くなるチャンスすらないケースが殆どではないでしょうか。


自分を好きになってくれる恋人が欲しいのであれば、「恋愛は男が惚れたら負け」ということを強く肝に銘じておきましょう。また、自分が相手を追いかけるのではなく、自分を好きでいてくれる理想の恋人が欲しいのであれば、戦略的に複数の女性と友達になっておくことが有効です。恋人が欲しい男性はどうしても「知り合ったらすぐに恋愛的アプローチ」をかけたがりますが、ぐっと堪えて、まずは「友人」としての女性関係を増やすことに専念しましょう。女友達が複数いれば、「早く恋人が欲しいからこの子との距離をもっと縮めなきゃ」と、不自然な接近で警戒されるリスクも減らせます。
www.momochakei.com

ブログランキング・にほんブログ村へ