読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋人が欲しいならまずはカッコいい自分を目指そう

 

自分が非イケメンであることを言い訳にしない


女性からモテない男性が常日頃から「恋人が欲しい」とつぶやく姿はどことなく哀愁が漂います。そもそも、恋人というのは、欲しいタイミングで現れるものではなく、男女が自然と仲良くなった結果、恋人同士となるものです。しかし、非モテ男性にとっては「自然に女性と仲良くなる」こと自体が難しかったりします。その根本には「自分には男性としての魅力がない」という自信のなさがあります。もし、恋人が欲しいと強く願うなら、その気持ちを一旦置いて、まずはカッコいい男を目指してみるべきでしょう。


f:id:mozzarellatan:20170513182735p:plain




[スポンサーリンク]



カッコいい男性とは、決してルックスが優れたイケメンを指す訳ではありません。確かに、イケメンかどうかは、女性からの第一印象を決める大きな要素ではありますが、全てではありません。例え不細工な容姿であっても、女性からモテている男性は沢山いますし、イケメン以外は「恋人が欲しい」と願ってはいけない訳でもありません。では、不細工な男性が女性にモテるケースでは、どんな要因が関係しているのでしょうか。多くの非モテ男性は「そりゃ、金を持っているからさ」と答えるかもしれません。


また、「トークが面白いからでしょ」と考える人もいます。それならば、不細工な男性は、お金持ちになってトーク力が磨かれれば女性にモテるのでしょうか。ほとんどの人は、「恋愛はそんなに単純な話ではない」ということを理解しているかと思います。トーク力も経済力も、女性を落とすにあたって、一部の加点要素に過ぎません。女性は男性に惚れる過程で、出会った際の第一印象や清潔感、ルックス、経済力、考え方、学校や会社、社会での立ち位置など、総合的に判断しています。


巷ではよく「恋人が欲しいならコレをやった方がいい」「モテるためにはこうしたらいい」など、恋人が欲しいのに女性とのコミュニケーションが苦手な男性に向けた恋愛指南やマニュアルを見かけますが、何か特定の行動をしただけで女性から好かれる訳ではありません。彼女いない歴を更新し続ける生活から脱却したい、早く恋人が欲しい、と考えるなら、まずは「カッコいい男性を目指す」ことをお勧めします。そしてここでは、非モテから脱却すべく「カッコイイ男」になるためのヒントをいくつか紹介していきます。


カッコいい自分とは何かをイメージして追求する


f:id:mozzarellatan:20170513182745p:plain


さて、恋人が欲しいなら、まずはカッコいい男になることが最優先だと分かりました。イケメンでなくても「カッコいい男」と聞けば、何となくイメージはできるかもしれませんが、「カッコいい自分」の条件はどうでしょうか。「自分がカッコいい」というイメージは、なかなか持ちにくいかもしれません。


それもそのはず、非モテ男性の多くは、心の底から自分をカッコいいと思っておらず、「カッコいい男」と「自分」をどうしても関連付けることができないのです。それでも、ここで説明する「カッコいい自己イメージの追求」は省略するべきではありません。「カッコいい自分の強力なイメージ」がないまま努力しても、結局は「モテる他の男性のマネ」に行き着いてしまうからです。


「どんな状態の自分ならカッコいいと思えるか」を追及する際、「仕事は何をしているか」「どんな車に乗っているか」「収入はどれ位か」など、こうしたステータスを軸に考えてしまいがちですが、こうした単純なイメージは少し弱いかもしれません。


[スポンサーリンク]




それよりも、過去に「あの時の自分はカッコよかったな」と思えるエピソードや記憶を引っ張り出し、何度もその時の高揚感をかみしめることをお勧めします。一見すると「過去の小さな成功体験に自己陶酔しているだけの痛い男」と思うかもしれませんが、むしろ非モテ男性はこれを繰り返すことで「自分はカッコいい」というイメージが段々と馴染んでくるので、ぜひ試してみてください。


何かに打ち込んでみる


f:id:mozzarellatan:20170513182806p:plain


「好きなことに熱中する姿勢があるかどうか」はカッコいい男の条件に含まれます。学生時代でも部活に励む男子が女子からモテていたことからも分かるように、「男性が真剣に何かに取り組む姿」は女性から見ても魅力的に映るものです。そして、何かに打ち込んでいる男性は、「恋人が欲しい」と思う気持ちは割と薄れているもので、自分の人生において「恋愛の優先順位」は1番ではありません。この話をすると、多くの非モテ男性は「それはスポーツマンに限る」と思うかもしれません。


もちろん、いくら真剣に取り組んでいるからといって、「アイドルや声優の追っかけ」や「グッズ集め」などのオタク趣味に熱中する姿に女性は惚れませんが、かといって、決してスポーツである必要はありません。「熱中できるものが何もない」という人は、仕事を真剣に取り組んでみることをお勧めします。早く女性にモテて恋人が欲しいからといって、好きでもないのに「女性ウケのよい趣味やスポーツ」に無理して熱中する自分を演じるくらいなら、目の前の仕事に対して真剣に取り組む方が早くカッコいい自分に近づけます。


もし、「今の仕事では、これ以上努力のしようがない」と思う男性もいるかもしれませんが、そんな事はありません。その会社の役員や経営者でもない限り、まだまだビジネスマンとしての「伸びしろ」は十分にあるはずです。自分の中にある「モテたい」「恋人が欲しい」という概念を排除したとき、「何をしたいか」をじっくり考えてみることが、カッコいい自分になるための近道かもしれません。


ブログランキング・にほんブログ村へ