読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレビで話題のうんこ漢字ドリル2ヵ月で100万部以上の大ヒット!

皆さんテレビで話題になった小学生用の漢字ドリル、ご存知ですか?知っている方もいらっしゃると思いますが、 うんこ漢字ドリルの紹介をさせて頂きたいと思います。さて、全くもって下品な(笑)このドリルの名前、実は本屋さんでは品切れしているお店もあるそうです!それは何故か、作った背景から見ていきましょう。


f:id:mozzarellatan:20170517185438p:plain




[スポンサーリンク]




このドリルが作られた背景


私がテレビで見た時には、出演者の皆さんが驚きの声を上げていました。それはうんこ漢字ドリルですものね(笑)しかし中身は至って真面目そのもの、文響社様から出ているこのドリルはある思いがあったそうです。


テレビに出演していた担当の方が話をしていました。「何故うんこ漢字ドリルと言う名前にしたのか、それは子供の興味を惹く一番の言葉だからです」


文京社の社長は昔から勉強が嫌いだったそうです。そこで考えたのがこのうんこ漢字ドリル。子供は興味があるものなら飛びつくだろう、と言う社長の発想でした。しかし、内容はふざけておらず、ちゃんと小学一年生から六年生までの本格的な教材用ドリルです。テレビでも紹介されていましたが、本の中身は至って真面目なもの。表面的な部分はおかしいですが(笑)ページを開くと、そこはうんこ漢字ドリルワールド。


「友達に借りていたうんこを返す。」など、うんこに関係する文章が書かれており、漢字を書く部分はうんこマークになっております。中には「試験官にうんことでんぷんを入れて熱します。」など、かなり無理矢理な文章も見受けられます(笑)


f:id:mozzarellatan:20170517185422p:plain

この徹底ぶりは子供には必ず喜ばれますね!本屋さんで売り切れ続出と言うのも頷けます。テレビの出演者の方々もおー!と驚かれていましたよ。 子供が自発的に勉強すると言うのは、昔からの大人の課題だったと思います。それをこのような形で取り組むと言う決断力と行動力は素晴らしいですね。


世間の反応は?


[スポンサーリンク]




結構な頻度でこのうんこ漢字ドリル、テレビで見掛けます。リポーターが本屋さんにお邪魔して本屋さんの店員に売れ行きや内容を聞いたり、親御さんが買いに来た所をインタビューしたり。なんと親御さんから買いに来るそうですよ!塾に行かせても怠けたり飽きてしまうので、このドリルで何とかやる気が出ればいいですね、との事。果てはお家にお邪魔してお子さんの勉強ぶりを観察。うんこ漢字ドリルどうですか?と聞くと、笑いながら問題文を読み上げたり、楽しそうです!


やはりどの家庭でも自発的に子供が勉強する事を期待しているのですね。テレビのリポーターの方も言っていましたが、御家族のお子さんも勉強方法の視点を変えれば、進んで勉強するのではないか、との事。私も全くの同感です。ちなみに東大生の方はうんこ漢字ドリルを見て苦笑いしていましたが(笑)


企画が完成するまでの辛い道のり


f:id:mozzarellatan:20170517185501p:plain


このうんこ漢字ドリルを作る過程で、元々はうんこ川柳だったと、出版に携わった女性はテレビで話されていました。しかし企画は「こんな企画で売れるのか?」と御蔵入りになってしまったそうです。それならば、うんこと言う言葉に興味を示しやすい世代、つまり子供にターゲットを絞り、現在のうんこ漢字ドリルになったそうです。またそのテレビでも話されていましたが、例えうんこに繋がるような文章でも、いじめに繋がるような文章は避けたそうです。


一見ふざけているようでも、根底の部分では真面目だと言うエピソードでした。そんな過程の中で、うんこ漢字ドリルは2ヶ月で100万部を超えるベストセラーになりました。大人の真剣な仕事ぶりも光りますね。


まとめ


うんこ漢字ドリル、テレビでも取り上げられる程の凄い人気です。もしお子さんがいらっしゃるようであれば、是非オススメしたい教材ですね!勉強嫌いなお子様に如何でしょうか。


ブログランキング・にほんブログ村へ