読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うんこ漢字ドリルを半信半疑で買ってみた


笑撃!本屋の山積みうんこ漢字ドリル


f:id:mozzarellatan:20170516224005p:plain


まだ、テレビなどで見たこともなく聞いたこともなかったうんこ漢字ドリル。たまたま、ふらりと立ち寄った本屋の1番目立つ場所に山積みになっていました。見た目にカラフルな表紙に目を奪われました。可愛らしくて気になるけど、時間がなくて中身までは見ることができませんでした。




[スポンサーリンク]



たまたま、大の漢字嫌いの娘のためにドリルを検討していた矢先の出来事だったので、機会を伺って娘に購入するかどうか聞いてみようくらいに留めておいたうんこ漢字ドリルでした。それがなんと、翌日の朝、 テレビのニュースでうんこ漢字ドリルが話題になっていて笑撃を隠せませんでした。


昨日の山積みうんこ漢字ドリルを思い出し、アレだ!と思って早々に娘の意思を確認し、半ば強引に購入する運びとなりました。娘は小学4年生ですが、漢字の苦手意識が強いので、うんこ漢字ドリルなら3年生からやり直せるのではないかという期待も込めて、3年生を買って毎日2ページずつ続けるという約束を交わしました。普通のドリルならそんな期待も持てないところでしたが、なんせうんこ漢字ドリルですから、目新しさもあり漢字の苦手意識克服に再度チャレンジする機会を与えて貰いました。


半信半疑で見守る


[スポンサーリンク]



連日、テレビのニュースで何かと話題になっているうんこ漢字ドリルを買わねばという気持ちにさせてくれた言葉があります。それは、テレビのインタビューに答えておられた塾の先生の言葉です。


「自分も最初は勉強にうんこというところに抵抗がありました。ただ、勉強の根本は楽しみながらやるというところ」と言われていたことが決め手となりました。娘もテレビのニュースでうんこ漢字ドリルが取り上げられるので気になりはじめたところで、良いタイミングで始めることができました。学校の宿題が終わってから2ページ、毎日漢字4つを練習することになります。


f:id:mozzarellatan:20170516224032p:plain


最初のうちは、私から娘にうんこ漢字ドリルもやるようにと声を掛けていました。しかし、毎日の慌ただしさの中で声掛けを私が忘れてしまうようになりました。そんな時に、このうんこ漢字ドリルの威力を実感することになります。


なんと、漢字検定を自ら受けると言い放ちながらも漢字検定ドリルをほぼやらずじまいだった娘が、うんこ漢字ドリルは自ら進んで取り組んでいたのです。ドリルは結局のところ、続けるのが難しいと思っていたのですが、なんのストレスもなくうんこ漢字ドリルを開く娘を見て関心させられます。


取り掛かりはうんこでしかありませんが、ストレス無く漢字を毎日書くことが習慣づけされるのはとても素晴らしいことだと思います。もう1つ衝撃だったことがあります。読み方が書いてあるにもかかわらず間違えてしまう娘ですが、間違っているところがあったから直すように促すと素直に直してくれることです。


大抵の直しは、言い訳をして後回しか無視というところなので、衝撃を受けつつ嬉しく思っています。この漢字ドリルならサクサク続けられそうなので、3年生をさっと終わらせて4年生に進んでいきたいです。予習にも復習にも最適なうんこ漢字ドリルです。


例文に感服


うんこ漢字ドリルをペラペラとめくってみると、テレビなどの噂通り例文には全てうんこの文字があります。この例文の数だけうんこのバリエーションを考えることは出来ないことだと思い関心しています。さらなる驚きは、娘が例文をしっかりと読んでいることです。自らの意思でドリルを開き、読んで書いて直してを毎日繰り返しています。


ドリルにうんこを取り入れる勇気にも脱帽です。娘はさらに、算数バージョンもあればいいと言っています。それこそ、作ることが難しそうですがあれば是非買いたいと思います。うんこ漢字ドリルに抵抗を感じる人は必ずいると思います。しかし、このうんこ漢字ドリルの嬉しいところは表紙を開いた裏側に書いてある、この本の特長とおうちの方へ、という説明文です。


f:id:mozzarellatan:20170516224103p:plain


テレビでも強調されているところですが、 この文面を見ると子供たちが楽しく勉強出来るように、ふざけた気持ちで作られているわけではないという想いが切々と伝わってきます。


やはり、勉強というものは子供の時にたくさんした方がいいものですが、なかなか子供の時にそれを自覚できる子は多くはないのではないでしょうか。いろんな可能性を秘めた子供たちに1つの提案として与えてみるというのは悪くはないと思います。私たち親子にとっては、大変な笑撃かつ衝撃を与えてくれた一冊です。今のところ飽きる様子もないので、何冊でも続けていきたいと思っています。


これだけ、テレビで特集されるようになると安心感が高まり、また情報を取り入れたくなりテレビのニュース番組のチェックは欠かせません。テレビの中の人たちも親子で楽しそうに、うんこ漢字ドリルをやっている姿を見て、また自分たちも頑張ろうと思えてきます。


ブログランキング・にほんブログ村へ