読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東芝倒産 名門底なしの危機 歴代社長が引き起こした不正スパイラル


f:id:mozzarellatan:20170513224428j:plain


日本の大手電機メーカー東芝が、原子力発電事業の失敗で、大きく揺らいでいます。2016年12月27日、東芝は緊急会見を開き、原子力子会社米国ウエスチングハウス(WH)が、1年前に行った買収に、数千億円の損失リスクがあることを公表しました。


この会見こそが東芝 倒産の危機を迎える発単となり、巨大損失リスクが発覚、損失額は7千億円の登ると一部では指摘されています。そして粉飾決算などの不正会計、歴代社長の競争心が引き起こした、不正スパイラルと次々と新たな問題が発覚、もはや東芝倒産は待ったなしの状況に陥りました。


そこで従業員19万人の巨大企業の今後はあるのか、東芝倒産に至るまでのその原因、そして今後の展望はあるのか、その全貌を追ってみました。 




[スポンサーリンク]




東芝 倒産の起爆剤は再建不能の原発ビジネス


 2016年12月27日、東芝の細川智社長を始め、関連部門のトップが出席、緊急記者会見を開き、東芝原子力子会社、米のウエスチングハウス(WH)が1年前に行った買収に、数千億円の損失リスクがあることを発表し話題を呼びました。


こうした財務の大幅な悪化を懸念した格付け会社は、当然格付けランクを引き下げ、それにより銀行からの融資が規定され、財務制限条項におちいり、東芝は、期限前の融資金額の返済を求められることになります。


東芝本社では、22017年1月10日取引金融機関を集め、説明会を行いました。約200人の金融機関関係者の前で、東芝は、巨額損失を出した経緯を説明し、その結果格付けランクが下がったことを詳しく説明しました、そして融資取引の維持を訴え東芝 倒産への道を回避することに躍起となりました。


東芝倒産の起爆剤となった米ウェスチングハウス


f:id:mozzarellatan:20170513224425j:plain


米のウェスチングハウスは、東芝が社運をかけて買収した原子力子会社です。東芝はそれまで、米ゼネラル・エレクトリック(GE)から沸騰水型原子炉の技術を導入して、日本で原子力発電所を建設してきました。ウェスチングハウスの場合は、加圧水型原子炉を世界で展開していました。


この買収で、ウェスチングハウスは、加圧水型原子炉に加え、沸騰水型原子炉の両方式を持つことになり、そのメリットは果てしないものとして、買収当時は大いに歓迎されたものです。


日本においては、東京電力が沸騰水型を採用、原子力大国のフランスが加圧水型で、世界の潮流としては加圧水型、東芝としては海外市場を目指すためにはウェスチングハウスの買収は、必要不可欠なものとして捉えた面があるようです。


しかしそのもくろみも、11年の福島原発事故で、世界の原発新設が一気に冷え込み、ウェスチングハウスの経営が、悪化の道をたでることとなります。


東芝3本柱の一つ 原子力事業の損失額は7000億円?


f:id:mozzarellatan:20170513224420j:plain



東芝原子力事業から発生する損失額は、まだ公表していませんが、隠れていたリスクが次々に現れ、7千億円の巨額損失になると一部では捉えられているようです。


当初の損失額は5000億円と見られていましたが、それも1月10日の説明会以降、損失額が一気に表面化、不正会計、粉飾決算なども露呈し、さらに損失額は増えそうな勢いを見せています。


2016年3月末の東芝の株主首本は、3280億円、半導体部門の利益を考えても、今後は債務超過に転落する恐れもあり、東芝倒産は現実味を帯びていると言うのが現状と言えそうです。


従業員19万人の巨大企業が、解体の危機に迫っています。今後の動向が大いに注目されるところです。


東芝倒産 問題の本質は


[スポンサーリンク]




現在原子力事業に関する損失が、東芝全体を苦しめているようですが、果たしてそれだけでしょうか。経営そのものに問題の本質があるとの見方が一部にはあるようです。


歴代経営者人の競争激震が飛引き起こした不正スパイラル、徹底した売上至上主義が引き起こした粉飾決算の数々、巨額損失で、責任すりかえる経営陣、長年続いたッ不正経理の発覚等々、東芝解体への道に追い込んだ経営陣の責任は重いものがあります。


そもそも66000億円のWHの買収が必要だったのでしょうか。役員の何人かは、その買収に懐疑的だったと言う声もあると聞いています。福島原発事故で予想外のリスクが発生、世界の原子力業界が一気に冷めた理由があるとしても、それだけの損失を計上すると話思われません。


買収の当時の未来予想図はバラ色に輝いていましたが、いざ蓋を開けてみると思惑は外れることが数多くあったのは事実。それを絶好調として公表していたと言う芝首脳陣の経営体質が大いに問題を呼びそうです。


東芝倒産 巨大損疾リスクは原発だけではない LNG事業でも東芝原子力発電事業の失敗も含め、巨大損失で東芝倒産への道をまっしぐらに走っているのは周知のとおりです。そうした巨大損失は、原子力発電事業にとどまらず「液化天然ガス(LNG)」事業でも損失リスクが取りざたされているようです。


LNGは、火力発電所の燃料などとして使われています。東芝は、09年2基の建設を受注しましたが、福島の原発事故もありまして、建設はとん挫しているようです。受注した時は、8000億円規模で、国が推進する原発輸出のモデルケースとして期待されていたのですが。


ブログランキング・にほんブログ村へ