株式投資をしたとしないで大きく違う!馬鹿に出来ない複利効果

ここまで株式投資の話を色々としてきましたが、投資初心者の中には株式投資にあと一歩踏み出せない方もいると思います。株式投資はリスクもありますが、資産形成に非常に役に立つ手段ともなります。今回は株式投資の魅力について説明します。投資初心者の方が投資に踏み切る助けになれば幸いです。


株式投資を行ったAさんと行わなかったBさん


f:id:mozzarellatan:20170429120359p:plain


株式投資の魅力を語る上で、株式投資をした人としなかった人の比較例をお話します。


Aさん、Bさんは共に会社員です。年齢は30歳。2人とも社会人になってしばらく経ち、生活の余裕も生まれてきました。将来の事を考え、Aさんは毎月5万円を株式投資に充てていきます。一方Bさんは堅実に毎月5万円を銀行預金で貯蓄を始めました。2人のお金はどうなっていくのでしょうか。


10年後、Aさんは年利5%で運用を行う事が出来ました。一方Bさんは年利0.1%の銀行預金への貯蓄を続けています。
Aさんの資産・・・776万円(投資元本:600万円)
Bさんの資産・・・603万円(投資元本:600万円)
投資元本は同じですが、既に173万円の差がついています。


30年後、60歳を迎えます。Aさんは毎年上下こそありましたが、最終的に年利5%で運用を続ける事が出来ました。一方Bさんは年利0.1%の銀行預金への貯蓄を30年間継続しました。


Aさんの資産・・・4,161万円(投資元本:1,800万円)
Bさんの資産・・・1,827万円(投資元本:1,800万円)


同じ投資元本で2,334万円の差がつきました。Aさんは年利5%の運用で投資元本の倍以上のリターンを手にしています。一方Bさんは0.1%の銀行預金に預け、30年で27万円しか資産を増やせませんでした。


退職後に最低限必要な資金は3,000万円と言われています。Aさんは株式投資で積み立てた資産だけで生活していく事ができ、退職金や年金を合わせると悠々自適な生活が送れる事となります。一方Bさんは貯蓄だけでは3,000万円を満たさない為、退職金や年金を合わせて、資金に不安のある老後を送る事となりました。




[スポンサーリンク]



馬鹿に出来ない複利効果


f:id:mozzarellatan:20170429120421p:plain


これは極端な例ですが、株式投資はこのように資産形成の大きな力となる可能性を秘めています。株式投資を批判する方はそもそも年利5%の運用を継続するという前提がおかしいという批判があると思います。


しかし、年利5%の運用は株式投資の世界では決して非現実な話ではありません。例えば皆さんの年金資産を運用するGPIFという機関は日本株の期待利回りを5~6%と置いています。また、TOIX配当込み指数は過去15年間のリターンが年率4.2%となっています。これにタイミングの良い売買を組み合わせれば、年率5%は非常に現実味のある数字となります。


Aさんの資産が大きく増えたのは、複利効果の影響も大きいです。複利効果とは、運用益にも利回りが乗ってくる事を指し、雪だるま式に資産を増やしていきます。Aさんは30年間の運用で複利効果を十分に享受できた結果、資産を倍以上に増やす事が出来たのです。


今回の比較では、Bさんは30年間ずっと年利0.1%の銀行預金に預けていた前提となっています。もちろん銀行預金の金利が上がれば、Bさんの最終的な資産は変わります。しかし、銀行預金の金利が上がる状況は基本的に株式も上がる状況と言えます。Bさんの資産が増える状況ではAさんの資産は更に増えている可能性もあるのです。


[スポンサーリンク]



投資は早い内に始めるに越した事はない


f:id:mozzarellatan:20170429120442p:plain


Aさんは30歳から投資を始め、30年後に資産は倍以上になりました。これは複利効果を最大限に享受出来た結果であったと言えます。仮にBさんが10年経ったタイミングで、Aさんの話を聞き、毎月5万円の株式投資を始めたとします。


60歳の時のBさんの資産は次のようになります。


最初の10年での貯蓄分・・・615万円(投資元本:600万円)
40~60歳時の株式投資分・・・2,055万円(投資元本:1,200万円)


Bさんの資産は2,670万円となりました。30年間貯蓄をした場合と比べると、843万円も増えています。しかし、複利効果は期間が長ければ長いほど、大きな力を発揮します。AさんとBさんの10年間の差は約1,500万円の差となって返ってきているのです。


このように投資は期間が長くなるほど、大きな力を発揮します。投資を始めるのは早いに越した事はないのです。また仮に投資で失敗した場合でも、早いうちに始めていれば、その後の修正も可能です。焦って60歳から投資を始め、失敗した場合は目も当てられません。


今の低金利の時代では、焦って銀行預金をする必要はどこにもありません。年齢が若い方がリスクも大きく取れます。日本人は投資教育が進んでいないと指摘されていますが、AさんとBさんの例はアメリカでは一般的な話として持ち出されます。投資初心者の方は、是非投資を始めてみてください。10年後、30年後に大きなリターンとなって返ってきます。


まとめ


株式投資は銀行預金等と比べ、高い利回りが期待出来るだけでなく、大きな複利効果を生む事も出来ます。資産形成ではその複利効果が大きな差を生みます。投資初心者の方は月数万円で構いませんので、株式投資に踏み出してみてください。
www.momochakei.com

ブログランキング・にほんブログ村へ