成長期待は大きい外国株へ投資する。海外の株式への投資。

これまでは日本株投資の話をしてきました。しかし株式市場があるのは日本だけではありません。海外の株式へ投資を行いたい場合はどうすればよいのでしょう。今回は外国株投資について簡単に説明します。投資初心者の方がいきなり外国株に手を出す事はハードルが高いですが、投資方法があるという理解はしっかりと持っておくと、今後役に立つ可能性があります。


アメリカ株へ投資する


f:id:mozzarellatan:20170429115247p:plain


外国株式投資で最もメジャーなのが、アメリカ株への投資です。それもそのはずで、世界中の株式市場の時価総額の約半分をアメリカが占めているのです。圧倒的な規模を誇るアメリカ株式市場には日本からも多くの投資家が参戦しています。


アメリカ株市場に投資する場合、直接株式市場へ投資する事ももちろん可能です。しかし、証券会社によっては、直接アメリカ株式市場への投資を取り次げない会社もあります。また、直接投資を行う場合でも取引出来る銘柄が制限されている証券会社がほとんどです。


当たり前の話ですが、米ドルで購入する必要がある為、為替のリスクや為替手数料が掛かります。また、日本株の取引とは、売買手数料の体系が異なる点にも注意が必要です。成行注文が出来ない証券会社もあります。


アメリカの株式市場に直接投資を行うのではなく、国内の証券会社が相手方となって株式の取引を行う形態もあります。証券会社が相手方となる為、安心感がありますが、市場取引とは手数料体系が異なる点や市場の値段とは異なる値段での取引となる点には注意してください。


アメリカ株に最も簡単に投資を行う方法は投資信託を使う事です。投資信託を使えば、アメリカ株へ非常に手軽に投資を行う事が出来ます。アメリカ株に興味があるけれど、直接投資は恐いという方は活用してください。なお、株と違い、運用中のコストにも注意を払う事は忘れないでください。


アメリカ株式市場の規模は非常に魅力的です。また、アメリカには日本以上に大企業や成長企業が多くあります。投資初心者の方がいきなり直接投資をする事は難しいですが、経験を積んで是非トライしてみてください。




[スポンサーリンク]




世界中の株に投資する


f:id:mozzarellatan:20170429115307p:plain


アメリカ株以外にも世界各国に株式市場はあります。証券会社によっては直接投資が出来る市場はまちまちですが、中国やインド、欧州市場等に直接投資を行えます。


しかし、アメリカ以外の株式市場へ直接投資を行う事はお勧めしません。それは、情報量が圧倒的に少ないからです。株式市場は情報が重要となります。日本企業に関する上場収集は国内に居れば容易に行えます。アメリカ株は少し難易度が上がりますが、各証券会社が情報を提供しており、また英語が出来る方は自らホームページをチェックして確認する事も可能です。


しかし、それ以外の国に関しては正確な情報をリアルタイムに得る事は個人投資家では非常に困難な作業となります。そもそも現地の言語を理解していないと情報を掴めませんし、日本の証券会社のフォローにも限界があります。また、株式市場のルールは国によって異なる為、その国の市場ルールも知っておく必要があります。よっぽど投資先企業に精通しているか、投資国の状況を把握している方で無いと、投資は厳しいでしょう。


そうした国へ投資を行う場合は、投資信託で投資をする事が無難です。投資信託ならば、現地事情に詳しい専門の運用会社に投資を任せる事ができ、投資家は全体の相場観を見ながら売買のタイミングを測るだけで済みます。投資信託のコストを払ってでも、専門家に任せてしまった方が良いケースと言えます。


投資初心者の方は特に、アメリカ以外の国への直接投資は控えるようにしてください。しっかりと専門家に任すところは任すといった割り切りが大切です。


[スポンサーリンク]




外国株へ投資する利点と注意点


f:id:mozzarellatan:20170429115326p:plain


外国株へ投資するメリットは海外の成長の恩恵を受け取れるという点にあります。日本のGDP成長率は1%程度ですが、アメリカは2%程度あります。新興国に目を向けると更に大きな成長率を維持している国も多くあります。株式市場が成長するには、企業が成長し、国も成長していく必要があります。日本より成長率の海外に目を向ける事で大きなリターンを得る事が出来る可能性があるのです。


では、外国株式投資の注意点は何でしょうか。為替リスクが絡む事や、市場の仕組みが国内と違う事等、国内株式には無いリスクが発生します。また、正確な情報を掴む事の難しさや、取引時間が日本と異なる為、リアルタイムでチェックしきれないといった事も起こり得ます。更に配当金等は現地で課税された後に国内で再度課税される二重課税がなされるので、確定申告の手間も発生します。


このように国内株式と比べ、外国株投資は注意点も非常に多く、複雑です。しっかりと理解して投資を行うように心掛けてください。また繰り返しになりますが、投資初心者の方は外国株投資では投資信託を使った方が無難です。外国株投資の利点と注意点やそれに掛かるコストをしっかりと比べて投資判断を行ってください。


まとめ


日本に居ながら、外国市場の株式への投資を行う事が出来ます。成長率の高い国への投資では高いリターンが得られる可能性もあります。しかし、直接投資は非常に複雑で、正確な情報を掴むのも難しい為、難易度も非常に高い物となります。投資初心者の方は、海外投資の際は投資信託で行う事が無難だと言えます。
www.momochakei.com

ブログランキング・にほんブログ村へ