アメリカ株(S&P500、NYダウ)に関係する雇用統計やFOMC

日本株の取引を行う際、国内の動向や企業の動向を見て取引を行うのは当たり前の事です。しかし、それと同時に日本株の取引では、アメリカ株の動向も注意して見ておく必要があります。世界の経済大国であるアメリカの動向は、世界経済に大きな影響を与えます。アメリカの動きが悪ければ、日本株も必然的に動きが悪くなるのです。投資初心者の方は今回説明するポイントは最低限チェックするようにしてください。


アメリカ株の動き

f:id:mozzarellatan:20170429114717p:plain


日本株の取引を行う前に、アメリカ株の動きをチェックしましょう。アメリカの株式市場は日本時間の23時半(サマータイム期間は22時半)に取引が始まり、翌朝6時(サマータイム期間は5時)まで行われます。日本株の取引開始の数時間前まで取引が行われているのです。


日本株の取引を行う際は、前日のアメリカ株の値動きを見る事が重要です。日本の取引時間終了後のニュースや出来事がアメリカ株の値動きには反映されています。アメリカ株が大きく下がっていれば、その日の日本株は下がる可能性が極めて高くなります。


投資初心者の方がアメリカ株を見る際には、NYダウ平均株価とS&P500指数の2つをチェックしておけば全体の流れは掴めます。NYダウ平均株価はアメリカの主要25社の株価の指数となります。アメリカの大手企業の値動きが反映されるので、主要企業の動向を見る際の参考として最もよく使われます。S&P500指数は構成銘柄数が500と多くなる為、より全体の動きを反映した指数と言えます。


もう一つ、余裕があればチェックしたいのが、シカゴ日経平均先物の値動きです。シカゴ先物市場で取引される日経平均株価先物指数ですが、アメリカの取引時間中の出来事を反映した値動きをします。翌日の日本市場の日経平均株価はこの値動きに近づくように動くケースが非常に多く、日経平均株価の動きを読む際に非常に重要な指標となります。


また、当たり前の話ですが、日本市場の開始前の為替の値動きのチェックも忘れずに行ってください。海外市場で円高傾向に動いていれば、その日の値動きは悪くなる可能性が高いです。


このように日本株の取引開始前にはアメリカ市場を中心とした海外市場の動向を確認しておく必要があります。




[スポンサーリンク]



米国雇用統計

f:id:mozzarellatan:20170429114747p:plain


アメリカ市場を見る上で非常に重要な指標があります。それが米国雇用統計です。米国労働省が毎月第1金曜日に発表します。アメリカの労働市場の状態は世界経済全体を映す鏡の役割を果たしており、雇用統計の結果はアメリカ株だけでなく、世界中の株価や為替に影響を与えるのです。


特に重視すべきポイントは2つです。非農業車部門雇用者数と失業率です。これら2つの数値がアメリカの雇用環境を表すと言われています。


また、雇用統計は事前に民間企業が事前予想を出しています。事前予想と比べて上回ったか下回ったかで判断するという事も重要です。事前予想の数値はある程度、市場には織り込まれています。肝心なのは事前予想との乖離があり、市場が織り込んでいなかった部分となります。


例えば、失業率が大きく改善しても、事前予想に届かなければ、株価は下落するといった事も往々にあります。


雇用統計は毎週第1金曜日の発表の為、雇用統計を反映して日本市場が動くのは翌週となります。投資初心者の方は、雇用統計のあった次の週は雇用統計の結果を踏まえた上で、取引に臨んでください。


[スポンサーリンク]



FOMC

f:id:mozzarellatan:20170429114808p:plain


FOMCとは、連邦公開市場委員会と呼ばれ、アメリカの金融政策を決める為に行われる会議の事を指します。基本的に6週間毎に年8回開催されます。


FOMCはアメリカの中央銀行にあたるFRBや地区毎の連邦準備銀行の総裁が集まります。ここでアメリカ全体の金融政策が話し合われます。アメリカの金融政策の影響はアメリカ国内に留まらず、全世界へ影響を与えます。また、アメリカや世界景気の動向についての意見も出されますので、アメリカが景気の現状をどのように捉えているかを掴む事も出来ます。


FOMCの内容は株式市場の関心が非常に高いですが、特に金融政策に変更があった場合に特に反応します。現在は金融緩和の縮小のタイミングや利上げのタイミングが議論されています。FOMCの終了後に発表される議事要旨に議論の要点が載っており、市場はその発表を固唾を飲んで待つのです。


投資初心者の方は、FOMCのタイミングを掴んでおく事と、議事要旨の中でも金融政策と景気動向の部分を頭に入れておく事の2点を忘れないようにしてください。


投資に携わる者にとって、FOMCは定期的にある非常に重要なイベントです。しっかりと内容をチェックする事を心掛けてください。


まとめ


日本株へ投資するからといって、国内ばかり見ていては株の値動きは掴めません。アメリカは世界経済に大きな影響を与えますので、その動向は非常に重要です。もちろん他の国の動向にも目を凝らす事が理想ですが、投資初心者の方は、まずは何と言ってもアメリカという意識を持つようにしてください。
www.momochakei.com

ブログランキング・にほんブログ村へ