上場基準と上場廃止基準。上場のメリットデメリットを考える。

今ニュースでは東芝の問題が騒がれており、上場廃止の可能性を指摘する声もあります。そもそも上場廃止となる条件にはどのような物があるのでしょうか。また、逆に上場するにはどのような条件を満たす必要があるのでしょうか。上場基準と上場廃止基準について説明していきます。投資初心者の方は一度目を通してみてください。



上場基準

f:id:mozzarellatan:20170423083218p:plain


企業が上場を行うには、各証券取引所の定める上場審査基準を満たしている事が条件となります。どのような条件があるのでしょうか。主なポイントを説明していきます。


①株主数
上場時には一定数以上の株主数がいる事が条件となります。新興市場への上場の際は200人以上、東証一部へ直接上場する場合は2,200人以上の株主がいる事が条件となります。これにはIPOと呼ばれる、上場前の公募時に株主になる者を含めます。


②流通株式数
流通株式数の基準も重要となります。マザーズ市場の場合は2,000単位以上かつ5億円以上の株式が流通しており、その比率が全株式の25%以上である事が条件となります。東証一部の場合は20,000単位以上かつ10億円以上の株式が流通しており、その比率が全株式の35%以上である事が条件となり、より審査は厳しくなります。JASDAQ市場は流通株式総額が5億円以上という条件のみとなっています。




[スポンサーリンク]



時価総額
上場時の時価総額にも条件があります。マザーズ市場の場合は10億円以上の時価総額が必要となり、東証一部の場合は250億円以上となります。JASDAQ市場は直近の経常利益が1億円以下の企業には時価総額50億円以上という条件が適用されます。


④純資産額
マザーズ市場場合はありませんが、JASDAQ(スタンダード)市場では2億円以上の純資産額を保有している事が条件となります。東証一部へ直接上場する場合は、10億円以上の純資産額が必要あります。


⑤事業継続年数
事業継続年数も条件となります。マザーズ市場の場合は1年以上、東証一部の場合は3年以上の事業継続年数が必要です。JASDAQ市場ではこの条件は設けられていません。


⑥経常利益金額
経常利益も条件となる場合があります。マザーズ市場は利益の条件を設けていませんが、JASDAQ(スタンダード)市場の場合は直近の経常利益が1億円以上、東証一部の場合は直近2年の経常利益が合計で5億円以上が条件となります。利益に関しては、市場環境等によってぶれる為、この水準を満たしていない場合は時価総額を判断します。JASDAQ(スタンダード)は50億円以上、東証一部は500億円以上の時価総額かつ直前期売上高100億円以上があれば、経常利益金額の基準は満たしていなくても上場できます。


主な上場基準はこのようになります。もちろんこれ以外の項目があり、内部管理体制等も含め様々な審査をクリアする必要があります。


[スポンサーリンク]



上場廃止基準


f:id:mozzarellatan:20170423083241p:plain


上場廃止基準にも基準があり、これも証券取引所が定めています。各市場によってルールは異なりますが、東証一部、二部の主な基準について説明します。


①株主数
株主数が400人未満となった時には上場廃止となります。猶予期間が1年設けられています。


②流通株式数
流通株式数が2,000単位未満となった時は上場廃止となります。猶予期間が1年設けられています。他にも流通時価総額5億円未満、流通株式比率5%未満も上場廃止の対象となります。


時価総額
時価総額が10億円未満となり。その状態が9ヵ月以内に改善されない時は上場廃止となります。


債務超過
債務超過の状態となり、債務超過の状態が1年以内に解消しない時は上場廃止となります。ちなみに東証一部銘柄は債務超過になった時点で東証二部へ鞍替えとなります。


⑤売買高
月平均売買高が10単位未満であったり、3ヵ月間売買不成立状態が続くような状況だと上場廃止となります。


有価証券報告書の提出遅延
有価証券報告書を所定の提出期限の1ヵ月後に提出しないと上場廃止となります。なお、提出期限延長の承認が得られている場合は、8ヵ月間の猶予が与えられます。


⑦虚偽記載
有価証券報告書に悪質な虚偽記載があった場合は上場廃止となります。


この他にも銀行取引の停止や破産手続きの開始等、上場廃止には様々なルールがあります。またこれとは別に東証一部の銘柄が東証二部へ変更となる指定替え基準もあります。
投資初心者の方は一度上場廃止基準を確認し、頭の片隅においておくようにしてください。


上場が全てではない


f:id:mozzarellatan:20170423083303p:plain


上場と上場廃止の基準を説明してきましたが、上場は良い事ばかりではありません。中には大企業にも関わらず敢えて上場していない企業もあります。


上場のデメリットとしては、コストの増加が挙げられます。内部管理体制の構築や所定報告書の作成作業等、上場すると何かとコストが掛かります。また、上場すると市場での買収行為を受けやすくなる事等もデメリットとなります。


MBOといって、上場企業の経営陣が自社の株式を買い取り、非上場企業となる手法が使われる事もあります。


上場しているから必ず優良企業というわけではありません。投資初心者の方は上場にはデメリットもあるという事を覚えておいてください。


まとめ


上場や上場廃止の基準は証券取引所が定めています。全てのルールや細かい数字を覚えておく必要はありませんが、投資初心者の方は判断の基準となるポイントだけは理解しておく事をお勧めします。
www.momochakei.com

ブログランキング・にほんブログ村へ