読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の土俵で勝負する!他の投資家の食い物にされないように<投資初心者必見>

勝負の世界では自分の土俵に勝負を持ち込む事で勝率を上げる事が出来るという常識があります。株式投資でも同じです。他の投資家の土俵で勝負を行えば、相手の食い物にされてしまいます。重要な事は自分の土俵となる投資スタイルを確立し、その中で勝負を行うという意識を常に持つ事なのです。投資初心者の方も、自分の土俵の確立とその中での勝負を徹底する事によって、株式投資の勝率を上げる事が出来るのです。


自分の投資スタイルを確立する


f:id:mozzarellatan:20170423082820p:plain


株式投資には様々なスタイルがあります。短期投資や長期投資、ファンダメンタル分析テクニカル分析等、投資家によって重視するポイントは異なり、そのスタイルは千差万別です。株式投資で大きく儲けている人に聞いても、投資のコツには様々な答えが返ってきます。株式投資に必勝法はありません。重要なのは、自分のスタイルを見つけ、確立する事です。


自分のスタイルを確立していく過程で、自分に合わない投資手法もたくさん出てきます。投資家の中にはテクニカル分析を一切しない人や、小型株しか買わないという極端な人も大勢います。


合わない方法を無理に取り入れる必要はなく、合わないと思ったら敢えて省いてみる事も一つの手なのです。株式投資には正解も必勝法もないので、自由な発想を持って、投資を行って良いのです。投資初心者の方は、自分の投資スタイルを確立するようにしてください。自分の投資スタイルが確立されれば、投資の楽しさは更に大きくなります。




[スポンサーリンク]



機関投資家に挑んでも勝てない

f:id:mozzarellatan:20170423082839p:plain


株式投資には大勢の参加者がいます。個人投資家機関投資家、外国人投資家等です。東証一部市場では取引の約50~60%が外国人投資家であると言われており、個人投資家が占める比率は約20~30%程度です。外国人投資家の中には個人もいますが、多くは海外機関投資家となっています。


外国を含めた機関投資家は多くの資金を保有し、運用を行っています。株式市場では個人投資家とこうした桁違いの資金を持つ機関投資家が同じ条件で戦わなければなりません。


機関投資家は情報もいち早くキャッチして投資を行うので、真正面からぶつかって勝負しても勝ち目はないのです。そもそも機関投資家は多くの資金を動かしている為、売買の手数料が個人投資家よりも安くなっています。個人投資家は1,000円の株が1,010円にならなければ手数料で負けてしまうのに対し、機関投資家は1,005円で利益確定できるのです。デイトレード等で少ない利幅を抜く勝負では、機関投資家には到底敵わないのです。


個人投資家機関投資家に勝負を挑んでも勝てないので、機関投資家と共存できる道を探る事が重要です。株式市場はプラスサムゲームなので、企業が成長を続ける限り、投資家全員が勝つ事が出来るようになっているのです。しっかりと成長する企業を見つけて投資を行えば、機関投資家と共に勝つ事が出来ます。


また、短期取引等を行う場合は、機関投資家のいない場所で勝負を行う事も一つのです。機関投資家は投資制限を設けている場合が多く、新興市場銘柄の取引は出来ないケースも多いです。そもそも機関投資家は取り扱う資金量が多い為、流動性が制限される新興市場への投資は敬遠されます。新興市場参加者の大半は個人投資家で占められており、新興市場では個人投資家同士の対等な勝負が出来るのです。


個人投資家機関投資家を出し抜く事は基本的に出来ません。資金量や情報力が全く異なる為です。ゼロサムゲームやマイナスサムゲームの場合は、致命的となりますが、株式投資はプラスサムゲームです。成長企業への投資が重要である事はこういった点からも分かります。


[スポンサーリンク]



分からない物は避ける

f:id:mozzarellatan:20170423082905p:plain


投資スタイルを考える上で重要な事は、自分で分からないやり方や銘柄には投資を行わない事です。株式投資では分からない物に投資をして何となく勝っている人はほとんどいません。しっかりと自分が理解して納得した上で投資を行う必要があります。


人がお勧めしていたから、この方法が何となく良さそうだったからで投資を行う事は危険です。分からない物にはすぐに手を出さず、しっかりと調べて自分の中に落とし込んでから取引を行ってください。もちろん、やっていく内に理解が深まるという事もあります。ある程度の理解で投資を始める必要があるケースも実際はありますが、やっていく中でも要領がつかめないと感じたら、取引を止める事が賢明です。


投資初心者の方は分からない銘柄や取引方法はまず調べ、納得してから取引を始めるという姿勢を徹底するように注意してください。


まとめ


投資初心者の方は、しっかりと自分の投資スタイルを確立させてください。最初は様々な方法を試し、模索していく事になると思います。失敗したら別の方法を試す事を繰り返し、投資スタイルを確立させていきます。機関投資家にぶつかる方法は避けるという事と、分からない物に投資はしないという事は忘れないように注意してください。


ブログランキング・にほんブログ村へ