読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日経新聞は必読?投資情報の集め方<投資初心者必見>

株式投資初心者の方から情報はどこで仕入れますかと質問される事があります。情報の仕入方は様々あり、投資家それぞれが好みの方法で情報を仕入れています。今は情報の格差がほとんど無く、個人投資家でも様々な情報へアクセスできますが、情報収集はどのように行えば良いのでしょうか。今回は投資情報についての考え方を説明します。


投資情報は正確性と鮮度がカギ


f:id:mozzarellatan:20170423082331p:plain


投資情報のカギを握るポイントは2つあります。それは正確性と鮮度です。当たり前の話ですが、正確な情報を基に判断を行わないと、投資は成功しません。また、例え正しい情報であったとしても、既に鮮度の落ちてしまっている情報であれば、株価は動きません。投資情報を集める際は、このポイントを必ず押さえておく必要があります。では正確性と鮮度を併せ持った情報はどこで手に入るのでしょう。


最も良いのは各企業のプレスリリースを追う事です。各企業が発表している情報であり、正確性は担保されています。こまめにチェックしていれば、鮮度も問題無いのですが、企業のホームページをずっと見続けている人はほとんどいません。


そこで、新聞やテレビ、インターネットの情報サイトが使われます。タイトルの話に戻りますが、日経新聞を読む必要はあるのでしょうか。新聞は鮮度こそ落ちますが、様々な情報が列挙されており、市場動向を掴む事には非常に役立ちます。日経新聞は特に市場情報を掴みやすいような記事配置が成されている為、投資初心者の方は活用する事をお勧めします。


テレビは受動的な媒体であり、狙った情報を得る事は難しいですが、鮮度は抜群です。インターネットサイトは狙った情報を深く追求出来る事が利点ですが、情報の真偽には注意してください。


また、個別企業の情報を得るには、会社四季報も有効活用してください。1冊で上場銘柄全ての情報が得られるだけでなく、シンプルに纏められており、銘柄の比較にも役立ちます。株の図鑑として眺めてみるだけでも楽しい1冊です。



[スポンサーリンク]



お勧め投資情報サイト


f:id:mozzarellatan:20170423082354p:plain


サイトは星の数ほどあるインターネットサイトの中で、どのサイトで情報を得れば良いのでしょうか。金融機関の社員や個人投資家の方も活用するインターネットサイトをいくつか挙げてみますので、参考にしてみてください。


「フィスコ」
金融情報の提供を行うフィスコが運営するサイトです。個別銘柄の情報が様々載っています。


Bloomberg
アメリカの大手金融情報会社であるブルームバーグが運営しています。国内外のマーケット情報が充実しています。


「ロイター」
アメリカの大手金融情報会社であるトムソン・ロイターが運営しています。Bloomberg同様、国内外のマーケット情報が充実しています。


会社四季報オンライン」
東洋経済新報社が運営するサイトです。個別銘柄の情報やレポートが充実しています。


これらのサイトは多くの投資家に活用されており、大手企業が運営を行っている為、情報の正確性も高いものばかりです。投資初心者の方はブックマークしておく事をお勧めします。他にも有益な情報を提供しているインターネットサイトは多くあります。情報の正確性に注意しながら、自分の見やすいサイトや求めている情報のあるサイトを見つけてください。


[スポンサーリンク]



SNSの利用は要注意


f:id:mozzarellatan:20170423082415p:plain


投資情報の収集手段として、最近はSNSやインターネット掲示板が使われる事もあります。SNSでの発言や情報拡散によって、株価が大きく変動するケースもあります。これらは非常に速報性に優れていますが、情報の信ぴょう性には十分に注意を払う必要があります。


最近ではSNS上での情報発信により、株価の吊り上げを狙うような例もあります。発言者は、他の投資家がつられて株価が上昇したところで売り抜けるのです。もちろんこうした行為は株価操縦と言われ、違法ですが、非常にグレーな取引も見られるのが現状です。


こうした情報を見かけた際は、無闇に買いに走らないようにしてください。そうした情報につられてしまう投資家をインターネット上では「イナゴ投資家」等と呼びます。イナゴが大量に群がる様に例えているのですが、発言者はそうしたイナゴを餌にする事しか考えていません。発言者の売り抜けと同時に上昇した株価が一気に下落する事も多いです。


SNSや掲示板での情報収集は必ず信ぴょう性の確認と発言者の意図を探る事を徹底してください。そうした注意を払えば、SNSや掲示板は非常に速報性の高い投資情報ツールとなります。


まとめ


投資情報の収集には様々な方法があります。市場全体の動きや流れを掴む為には新聞が有効であり、速報性の高い情報が欲しければインターネットを活用する等、欲しい情報によって様々な媒体を使い分ける必要があります。投資を行っていく中で、オリジナルの情報収集サイクルが確立されていきます。投資初心者の方は情報の信ぴょう性には注意した上で、自分なりの方法を見つけてください。


ブログランキング・にほんブログ村へ