騰落レシオ、RSI、価格帯別出来高を利用したテクニカル分析


テクニカル分析は過去の株価の動きを分析する事の他、他の投資家の売買業況を読み取るものもあります。当たり前の話ですが、株は買う人が多ければ上がり、売る人が多ければ下がります。買う人、売る人の状況をしっかりつかんでおく事も、売買のタイミングを測る上で非常に重要な要素となります。


騰落レシオ


f:id:mozzarellatan:20170422074551p:plain


騰落レシオは市場全体で値上がり銘柄と値下がり銘柄の数を計算し、その比率を求める指標です。市場全体の買われ過ぎ、売られ過ぎを判断する際に使われます。計算方法は非常にシンプルで次の計算式で表されます。


騰落レシオ = 値上がり銘柄数 ÷ 値下がり銘柄数


計算式から分かる通り、騰落レシオが100%の状態は、値上がり銘柄と値下がり銘柄の数が同じという事であり、この状態を中立水準と呼びます。100%を超える状態は値上がり銘柄の方が多い状態という事であり、一般的に120%を超えると相場の過熱感が強い傾向にあると言われています。120%を超えていると、買われ過ぎた反動による調整に注意する必要があります。


一方で100%を下回る水準は値下がり銘柄の方が多い状態となります。特に70%を下回るような水準になると、売られ過ぎの域に入り、底値圏であると見られます。騰落レシオがあまりにも低い状況では、反発を期待しても良いでしょう。


騰落レシオは一般的に5日間と25日間の騰落率を示す事が多いです。騰落レシオによって、期間中の市場の方向性や過熱感を簡単につかむことが出来る為、投資初心者の方にもお勧めです。考え方は非常にシンプルですので、是非覚えて活用してください。




[スポンサーリンク]



RSI


RSIは相対力指数と呼ばれ、個別銘柄の買われ過ぎ、売られ過ぎを判断する指標です。騰落レシオが相場全体の過熱感を測る指標である事に対し、RSIは銘柄毎の過熱感を分析する事に用いられます。
計算方法は次の通りです。


RSI = 値上がり幅 ÷ (値上がり幅 + 値下がり幅)


どの程度株価が動いたのかを分析し、その銘柄の過熱感を測ります。RSIは50%が基準となり、50%を超えると値上がり幅が大きく、50%を下回ると値下がり幅が大きい状態であると判断出来ます。


活用の方法は非常にシンプルで、RSIが70%を超えると買われ過ぎと判断し、売却の検討を行った方が良いと考えられます。逆にRSIが30%を下回ると売られ過ぎのサインであり、その銘柄は底値圏に近いと見る事が出来ます。RSIは証券会社の取引チャートで次のように簡単に見る事が可能です。


f:id:mozzarellatan:20170422074745p:plain

RSIは期間をどのくらい取るかによって、値が大きく変わってきますが、一般的に日足チャートでは14日が用いられる事が多いです。
また、RSIは各銘柄の過熱感を示しますが、その銘柄に大きなニュースが出ている場合や、勢いが非常に強い場合等はあてにならないケースもあります。値動きが重く、ボックス圏の相場の時に大きな効果を発揮する特徴があるという点も覚えておいてください。非常にシンプルですので、注意点を守れば、投資初心者の方にも扱いやすい指標と言えます。


[スポンサーリンク]



価格帯別出来高


当たり前の話ですが、投資家は自分の買った値段、売った値段を基準にします。100円で株を買った投資家は100円を超えた水準で売却を検討します。つまり、多くの投資家が同じ値段で株を買っていれば、その水準を超えた時点で、大量の売りが入ってくる可能性があるのです。投資家がどの水準でその株を売買していたかを知る為の指標が価格帯別出来高です。証券会社の取引チャートで表示する事ができ、次のように表されます。

f:id:mozzarellatan:20170422074802p:plain


これは日経平均株価の昨年9月20日からのチャートとなります。右側の棒グラフが価格帯別売買高を表しています。このチャートを見ると、19,000円を超えた水準での売買高が多い事が分かります。つまり、株価がもし反転した場合でも、19,000円を超えると、売りたい人が多くいて、株価の上昇が抑えられてしまう可能性がある事を示唆しているのです。


逆に19,500円を株価が上抜けすれば、その水準で売買していた人はほとんどいませんので、株価の売り圧力は少なくなり、上昇の勢いは強くなる可能性があります。逆に下値においては、上昇の勢いが早かった事もあり、売買は多くありません。相場が下がる場合は、ここの売買の薄い価格帯で取引を行おうと考える投資家が多くなる可能性もあります。


他の投資家がいくらで株を売買していたかが分かる非常に便利な指標です。活用の仕方も非常に簡単です。投資初心者の方も、しっかりマスターして、株の売買のタイミングを測る際には是非チェックして頂きたい指標と言えます。


まとめ


如何でしたか、騰落レシオ、RSI、価格帯別出来高を利用したテクニカル分析。株の売買は他の投資家との取引によって成り立ちます。また、投資家の気持ちが株の値動きを決めます。株を分析するにあたっては、他の投資家の動向をしっかりと掴んでおく事が必要となります。今回紹介した指標や、次回お話する指標は投資家の動向を分析する為の重要な指標です。しっかりと理解し、他の投資家の流れを読み、取引を行うようにしてください。
www.momochakei.com

ブログランキング・にほんブログ村へ