読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初心者に知ってほしいキャンプの魅力とは?


f:id:mozzarellatan:20170415231926p:plain


キャンプと聞いて、皆さんは何を思い浮かべますか?自然と触れあえるいい機会だったりとプラスイメージを持っている方もいるでしょうし、わざわざ不便なところへ出向いてなにが楽しいの?とマイナスイメージを持っている方もいるのではないでしょうか。そのマイナスイメージが少しだけ変わり、キャンプに行きたくなるような「キャンプの魅力」をご紹介します。


一人一人に合った楽しみ方がある


f:id:mozzarellatan:20170415231935p:plain


キャンプに行く目的は、自然と触れあうためだけではありません。普段の忙しい毎日から少しだけ抜け出したい、ゆっくりしたい、仲間といい思い出をつくりたい、バーベキューを楽しみたいなど、様々な理由、望みを満たしてくれるもの。


それが、キャンプなのです。ただテントを張ってご飯をつくって寝るのがキャンプの醍醐味ではないのです。ゆっくり、気ままに過ごしたい人はテントを張らずにコテージに泊まり、快適な空間でキャンプをする。朝、日の出とともに起き、沸かしたお湯で美味しいコーヒーを飲んだり、寝たいときに寝て、遊びたいときに遊ぶ。


そんなことを想像しただけでも、今すぐにでもキャンプに行きたくなってきませんか?アウトドアに触れあいたい人は、炭ではなく薪をキャンプ場の林から集めて火をおこしたり、近くの川で釣りをしてその魚を食べて過ごす。その季節ごとに採れる種類が変わる、食べられる山菜や野草、キノコなどを探して、キャンプ中の食卓を彩ることもできるでしょう。


仲間と過ごしたい人は、川原でレクリエーションやアウトドアスポーツを企画したりして過ごす。仕事仲間や学校のクラス、部活やサークルで行くと、交流会にもなります。このように、キャンプは人それぞれが、目的に合った生活空間を作ることができるのです。



[スポンサーリンク]



普段味わえない生活が味わえる


f:id:mozzarellatan:20170415231943p:plain


いろいろな目的があるにせよ、キャンプをしに来ている人の共通点は「非日常を味わっている」ということなんです。毎日の忙しい生活、そして騒がしい日々から抜け出して、自然の中へ溶け込みにいきます。普段の生活では使わない頭を使ったり、身体を使ったり。普段とはまた違った友達、家族の一面を発見したり。そんな経験、発見ができるということも、キャンプの大きな醍醐味です。


キャンプを始めてみよう!


f:id:mozzarellatan:20170415231951p:plain


キャンプの魅力を知るには、キャンプを始めて見るのが一番の近道です。しかしキャンプを始めて見ようと言われても、いきなりではできないですよね。キャンプと言っても、様々な宿泊方法があるのです。それぞれの宿泊方法がどんな特徴があるのかを押さえておけば、キャンプもしやすくなるのではないかと思いますので、紹介しておきましょう!


テント泊は、いつもとは違う環境で過ごすというところにおおきな醍醐味があります。自然に近く、風の音が聞こえたり、明かりが無く、いろいろと不便だったり。そんな経験、体験を、テント泊ではすることができるでしょう。しかしながら、初心者がいきなりテント泊をやろうと思っても、なかなか難しいですよね。


道具を一から揃える必要があると思うと、キャンプが敬遠されがちな理由が分かる気がします。道具を揃える時間、お金、勇気が無い!という方、もっと手軽にキャンプを楽しみたいという方にオススメの宿泊方法があるんです。初心者におすすめ、手軽にキャンプが楽しめる宿泊の種類は、コテージ泊です。


[スポンサーリンク]



キャンプ場のホームページを見ていると、コテージというプランがあったことはありませんか?コテージは、木造のこぢんまりとした家のような感覚で、水道、シンク、ガス、電気などがしっかりと整備されているものがほとんどです。ですので、食材などを持っていくだけで、手軽にキャンプを楽しむことができるのです。


テントを準備するのは大変だけど、だからといってコテージ泊は整備されすぎじゃない?と感じる方にオススメなのは、バンガロー泊です。バンガローはコテージとよく一緒くたにされますが、多くのキャンプ場では、コテージは小さな家(水道、電気などがちゃんとある)、バンガローは小さな雨小屋(水道などがないただの建物)という風に区別されています。


設備がほとんど無いので、テント泊の際に必要な道具を、テント以外は持っていかなければなりません。初心者には少しだけ敷居が高いかもしれませんが、テントを立てる必要が無いだけでも、幾分かは楽に楽しめると思います。


キャンプ場での宿泊の種類を、大きく分けて3つ紹介してきました。みなさんにあったものは見つかりましたか?コテージであれば、キャンプでなくてもホテルの代わりに利用することができるかもしれません。

まとめ


f:id:mozzarellatan:20170415231959p:plain


キャンプの魅力は、少しでも伝わりましたか?自分の用途、状況、楽しみ方、宿泊の種類を見つけて、キャンプを楽しんでください!


ブログランキング・にほんブログ村へ