北海道(道北・道東)で温泉が近くにあるキャンプ場の開設期間を紹介

皆さんはキャンプ場を選ぶとき、どのようなポイントを重視しますか?川や湖、海などが近くにあるところ、山の中だったりと、近くに何があるかを選ぶポイントにしている人は多いのではないでしょうか。今回は、その中でも多いと感じる「温泉」に視点を当てて、温泉が近くにある北海道のキャンプ場を紹介していきましょう!


f:id:mozzarellatan:20170415230927p:plain




[スポンサーリンク]



温泉が近くにあるキャンプ場(道北)


f:id:mozzarellatan:20170415230943p:plain


「森林公園美深アイランドキャンプ場」(北海道中川郡美深町紋穂内139)


開設期間は5月上旬~10月下旬で、テントサイト利用料は、施設利用料と合わせて約1500円となっています。森林公園内にキャンプ場も温泉もあり、美深町の名物チョウザメ館もあるので、全て徒歩で移動することができます。子どもたちが遊ぶことができる遊具や、野球、テニスなどができる多目的広場もあるので、家族連れにもオススメです!


「ひがしかぐら森林公園キャンプ場」(北海道上川郡東神楽町25号)


開設期間は4月中旬~10月下旬で、テントサイト利用料は、施設利用料と合わせて約1000円となっています。森林公園の近くには「森の湯 花神楽」という温泉があり、地元ではとても人気があります。ゴーカートやボートなどもあり、子どもも遊ぶことができる施設が整っています。管理棟には売店やシャワー室も付いており、快適なキャンプを送れるでしょう。


「かなやま湖畔キャンプ場」(北海道空知郡南富良野町東鹿越)


開設期間は5月~9月で、テントサイト利用料は、施設利用料と合わせて約600円となっています。かなやま湖キャンプ場から歩いて行けるところに温泉があり、モンベルフレンドショップにも登録されています。かなやま湖は、夏はカヌー体験がとても有名です。家族連れにもオススメではありますが、自然と戯れたい人、静かにゆっくりしたい人にオススメしたいキャンプ場です。


「カムイの杜公園キャンプ場」(北海道旭川市神居町富沢)


開設期間は5月~10月で、テントサイト利用料は、施設利用料と合わせても無料となっています。近くに温泉ももちろんありますから、連泊にもオススメできます。連泊は7日間まで可能です。カムイの杜には、ワクワクエッグという子どもが遊ぶことができる室内の遊び場があったりしますので、家族連れにオススメのキャンプ場です。


[スポンサーリンク]



温泉が近くにあるキャンプ場(道東)


f:id:mozzarellatan:20170415230958p:plain


「阿寒湖畔キャンプ場」(北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉5-1)


開設期間は5月~10月までで、利用料は約600円です。阿寒湖畔キャンプ場の周りには、阿寒湖に面してホテル街、温泉街がたくさんあります。ですので、ご飯にも困らない、温泉のレパートリーがある(選ぶことができる)、阿寒湖周辺で自然を満喫できるなどの利点があります。アイヌコタンという場所の近くにキャンプ場があるため、アイヌの伝統工芸品が売られていたりします。お土産を買っていくこともできますよ!


知床国立公園羅臼温泉野営場」(北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢町)


開設期間は6月中旬~10月中旬で、利用料は300円です。ここでおすすめなのは、みんなが知っている知床でキャンプができるという楽しみ、そして温泉が無料であるというところなんです。知る人ぞ知る、無料の露天風呂、熊ノ湯。


それこそ温泉好きにはたまらない表現ですが、露天風呂と言うだけあって虫が浮いていたり、藻が付いていたりと、無理な人がいるかも知れませんね…。


「十勝エコロジーパークキャンプ場」(北海道河東郡音更町十勝川泉南18-1)


2016年の夏に起こった台風の影響で、テントサイトは現在使用することができないそうです。しかしコテージは使用することができるそうなので、今後テントサイトも復旧することを願って紹介します。このキャンプ場に近くにある温泉は、言わずと知れた十勝川温泉街です。


コテージがとてもしっかりしていることと、自然体験プログラムをしていたりと、子どもたち向けのプログラムが充実しています。十勝観光の拠点としてもいいのではないでしょうか。街中からは少し離れているので、車でのキャンプをオススメします。


温泉はないけれどおすすめのキャンプ場(道北・道東)


f:id:mozzarellatan:20170415231004p:plain


「岩尾内湖白樺キャンプ場」(北海道士別市朝日町岩尾内)


このキャンプ場の良いところは、なんといっても自由であるところです。利用料は無料。予約なども完全無料。岩尾内湖の湖畔ですから、カヌーで遊んだり、釣りを楽しんだりすることができます。長期滞在をするには、北海道のキャンプ場の中で一番ともいえるいいキャンプ場だと思います。


「きりたっぷ岬キャンプ場」(北海道厚岸郡浜中町湯沸41)


このキャンプ場は1度来てみれば分かりますが、辺境の地に来たような気分になりますよ。岬の端に行くと、ラッコが時々見えたり。
道東の厳しい自然を感じることができます。


まとめ


f:id:mozzarellatan:20170415231013p:plain


どうでしたか?知床の「熊ノ湯」など、北海道特有の温泉が近くにあったりするキャンプ場もあります。温泉巡りをしながらキャンプ場を回るなんてこともできます。長期休みの時期にでも、是非北海道へいらしてください!
www.momochakei.com

ブログランキング・にほんブログ村へ