読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温泉が近くにあるキャンプ場を紹介します!(秋田編)

f:id:mozzarellatan:20170415222931p:plain

皆さんはキャンプ場を選ぶとき、どのようなポイントを重視しますか?川や湖、海などが近くにあるところ、山の中だったりと、近くに何があるかを選ぶポイントにしている人は多いのではないでしょうか。今回は、その中でも多いと感じる「温泉」に視点を当てて、温泉が近くにある秋田のキャンプ場を紹介していきましょう!


温泉が近くにあるキャンプ場(秋田北部)


「石倉山キャンプ場」


開設期間は5月~11月で、このキャンプ場は無料のキャンプ場です。整備がされてない箇所が多く、上級者向けのキャンプ場になります。車で10分ほど行ったところに森岳温泉郷があり、地元の温泉好きにはよく知られた名湯だということです。


キャンプ場自体は、となりに大きなゴルフ場があるためか人は結構来ていました。あまり大きなキャンプ場ではありませんが、石倉山の中にあるため自然を感じることもできますよ!


「宮沢海岸オートキャンプ場 キャンパルわかみ」(秋田県男鹿市野石大場沢下1-78)


開設期間は4月~10月です。とても整備されたキャンプ場で、オートサイトですので値段は張ります。しかし、男鹿半島が近いことやすぐ近くに有名な海水浴場があることから、利用客はとても多いようです。しっかり探せば、フリーサイトもあるようです。温泉施設も隣接しているので、徒歩で行くことができます。


「後生掛(大沼)キャンプ場」(秋田県鹿角市八幡平大沼1)


開設期間は4月から10月ごろまでで、オートサイトとフリーサイトがありました。このキャンプ場の近くには大沼や八幡平があるため、周りで温泉巡りを楽しめます。自然観察や登山なども楽しむことができるので、家族でのキャンプはもちろん、中級、上級者にもオススメしたいキャンプ場ですね。


[スポンサーリンク]


温泉が近くにあるキャンプ場(秋田南部)

f:id:mozzarellatan:20170415223008p:plain

「とことん山キャンプ場」(秋田県湯沢市皆瀬新所106)


開設期間は5月~11月までで、料金は820円。レンタルも充実しているので、テントを持っていなくても大丈夫なようです。キャンプをする人は露天風呂が無料で入ることができます。露天風呂もキャンプ場も、林間にあるので木に囲まれながらゆっくりすることができますよ!遊具などもありました。フリーサイトは予約が要らないので、ツーリングにも便利ですね。


「休暇村乳頭温泉郷 乳頭キャンプ場」(秋田県仙北市田沢湖駒ヶ岳2-1)


開設期間は7月から10月で、少し短め。設備も整っている初心者向けのキャンプ場なので、利用料は高めになっています。ここのキャンプ場は歩ける距離に温泉があるというより、車での移動に適しています。少し車で行ったところに、秋田ではとても有名な乳頭温泉郷があります。温泉の湯が白濁しており、肌がつるつるになることで有名な温泉ですよ!


「雁の里ふれあいの森キャンプ場」(秋田県仙北郡美郷町飯詰東西法寺34)


開設期間は4月~11月で、利用料は500円ほど。管理棟やログハウスなどがしっかりと整備されていて、快適なキャンプライフを送れます。人もとても賑わうような雰囲気ではありません。静かにゆっくりしたいキャンパーにもオススメです。「雁の里温泉」が近くにあったり、道の駅、資料館、ラベンダー園などがありますので、観光の拠点としてもいいのではないでしょうか。

[スポンサーリンク]


1.温泉はないけどオススメしたいキャンプ場

f:id:mozzarellatan:20170415223019p:plain

仁賀保高原キャンプ場」(秋田県にかほ市伊勢居地太郎林1-15)


このキャンプ場では、近くにサイクリングコースがあったり、花畑があったり、鳥海山の麓にあるのでいい景色、自然を見ることができます。さらに川、湖沼があるので、その場所で釣りなども楽しむことができます。周りにたくさんよるところ、遊ぶところがあるキャンプ場は、家族や大人数の友人などど来ても、一人一人にあった楽しみ方をすることができたり、長期滞在していても飽きることがないという利点があります。このキャンプ場は、まさにそのようなキャンプ場でしょう。


まほろばカラマツキャンプ場」(秋田県大仙市協和境岩淵 )


このキャンプ場には、「わんぱくの森」と呼ばれる遊具施設が隣接しています。アスレチックゾーンがあったり、芝そりができる坂があったりとこの「わんぱくの森」は家族連れにはもってこいの場所ですよ。さらに、テントサイトには「ツリーハウス」というものが設置されています。一本の支柱の上にバンガローのような施設が乗っかっているようなつくりをしていて、キノコのように見えることでかわいがられています。


中で宿泊することもでき、その下にはくつろぐことができる椅子やテーブルが並べられているので、テントなどを持っていかなくても楽しむことができます。キャンプを楽しみたいという人よりも、家族の団らんを自然の中でしてみたいという人などにオススメのキャンプ場です。


1.まとめ

f:id:mozzarellatan:20170415223026p:plain

いかがでしたか?秋田のキャンプ場の特徴は、湖沼や川、海などが近くにあるキャンプ場が多いところです。自然と温泉が近くにあるキャンプ場も多くなります。紹介しきれなかったキャンプ場でも、隠れた穴場があるかも知れません。ぜひ、探してみてください!

ブログランキング・にほんブログ村へ