アプリなら、恋活アプリが非モテ男性の、必須アイテムである理由。

〇恋活アプリのコストパフォーマンス


f:id:mozzarellatan:20170408093529p:plain


これを読んでいる男性の中で、恋活アプリを利用している人の割合はどれくらいでしょうか。確認出来ているだけでも、メジャーな恋活アプリの種類は何十種類もあります。恋活アプリといっても、その本質は「出会い系」です。単なる「webサイト」というスタイルから、アプリというパッケージにスタイルが変化しただけで、オンラインで提供される男女のマッチングサービスという点では、昔から本質は変わりません。


恋活で恋人を作ることを目的とした場合、合コンや街コンなど、巷のリアルな恋活イベントなどと比較して、恋活アプリは、非常にコストパフォーマンスが高いことをご存知でしょうか。「本質は出会い系である」と述べましたが、どうしても、こうしたサービスに課金することに抵抗がある男性が多いようです。


しかし、冷静に考えてみると分かりますが、例えば「合コン」と比較した場合、一人の女性とデートするまでにかかる費用は「合コン参加費用」や「交通費」を考えると、少なくとも5千円~1万円の出費は避けられません。


しかも、連絡先が交換できるという保証もありません。対して恋活アプリを利用した場合、運が良ければ無料で実際にデートするまでに至るケースもありますし、仮に課金をしたとしても、ポイント制のアプリの場合、1,000円程度からポイントをチャージできます。恋活アプリは、こうした費用の面でも有効活用しない手はないでしょう。




[スポンサーリンク]


〇リアル恋活のトレーニングとしても活用できる


f:id:mozzarellatan:20170408093538p:plain


恋活アプリのメリットは他にもあります。それは、「旅の恥はかき捨て」ならぬ「出会い系の恥はかき捨て」とでも言うべきか、見知らぬ女性と会う訳ですから、職場恋愛などと異なり、どんなに恥ずかしいアプローチをしても、縁を切ってしまえば実生活には何の影響も及びません。


もし、友人の紹介や合コンで知り合った女性との間で「恥ずかしい失敗メール」や「恥ずかしいアプローチ」を披露してしまった場合、またたく間に周囲に広がり、「あいつ、女の子の前ではあんなセリフ吐くんだ」と噂になるリスクもあります。


もちろん、周囲に何と思われても気にしないタイプの性格であれば問題ありませんが、非モテ男性が女性に対して積極的になれない理由の一つとして「変な接し方をして笑われたら恥ずかしい」「相手もこちらに好意があると勘違いしてデートに誘ってフラれたら笑いのネタにされそう」といった不安があるかと思います。恋活アプリで知り合った女性となら、酷い扱いさえしなければ、笑われたり嫌われたとしても、もともとアプリで知り合った関係なので、縁を切ってしまえば、恋愛の恥もそこで終わりです。


失敗が怖くて恋愛に積極的になれない男性こそ、恋活アプリをどんどん活用するべきなのです。


[スポンサーリンク]


〇複数の恋活アプリを並行利用する


f:id:mozzarellatan:20170408093546p:plain


恋活アプリはコストパフォーマンスの面で非常に優れていることは説明した通りです。アプリの種類にもよりますが、余程おかしな使い方をしなければ、ポイント制の場合、2,000円も使えば最低1人の女性とは出会えます。効率的に恋活を進めたいのであれば、毎月合コン費用に1万円も2万円も使うのであれば、恋活アプリに課金するべきでしょう。


効率的に活用するためにおすすめしたいのは、「複数の恋活アプリを同時並行で利用していく」という方法です。一つのアプリに1,000円~2,000円課金するのであれば、同じ様に3つ程度のアプリも並行して使っていくのです。


実際、この手法で毎月平均10人以上の女性とデートをしている男性もいます。10人という人数は現実的ではないにしても、3種類の恋活アプリに対して、それぞれ2,000円ずつ課金すると、かなりの人数の女性とコミュニケーションがとれます。あくまで平均値ですが、これ位のペースで利用していると、月に4~5人の女性と会う約束をすることは十分に可能な範囲でしょう。そして、かかる費用も1万円を切ります。決して悪くない費用対効果ではないでしょうか。


意外にも、こうした「複数アプリの平行活用」を実践している男性は少なく、それだけでも「恋活アプリ全体の市場」におけるライバル男性と大きく差をつけることになるため、冷静に費用対効果を考えて是非とも実践していただきたいものです。


〇出会えるアプリを見分ける最大のポイント


f:id:mozzarellatan:20170408093555p:plain


では、実際に「どんな恋活アプリを選んだらよいか」について説明していきます。これは、多くの男性が気になっている点でしょう。ネット上に溢れる「恋活アプリランキング」「おすすめ恋活アプリ〇選」といったランキングサイトを参考にするのもアリですが、さらに「出会えるアプリかどうか」の確証を得る方法があります。それは、昔からよく言われていることでもありますが、「女性向けの雑誌、媒体にプロモーションを展開しているアプリ」です。
www.momochakei.com
出会い系において「出会えるかどうかを決定する要素」は、いうまでもなく「女性会員の多さ」ですが、「女性向け雑誌に広告を打っている」ことは、運営元が女性会員を増やす企業努力をしている最も有力な証拠です。恋活アプリの攻略法なども巷には多く出回っていますが、こうしたハウツーを学ぶ以前に、そもそも「女性会員が多いアプリ」を選ぶという大前提を外していては、どんなハウツーも無意味となります。真剣に恋活に励むのであれば、まずは書店などで女性誌をパラパラとめくって、恋活アプリの広告を探してみることをおすすめします。



ブログランキング・にほんブログ村へ