ETF(上場投資信託)をする。インデックスファンドとの違い。

株式投資では銘柄選定が非常に重要です。銘柄選定を誤ると、大きな値下がりを受ける可能性もあります。個別銘柄の選定が難しい場合は、市場全体を買ってみるというのも一つの手です。市場全体への投資を可能にするのが、ETF(上場投資信託)と呼ばれる商品です。ETF(上場投資信託)について説明していきます。


ETF(上場投資信託)とは?


f:id:mozzarellatan:20170408090334p:plain


ETFは上場投資信託と呼ばれており、その名の通り、上場している投資信託の事を指します。日経平均株価TOPIX等の指数と連動するように運用されており、市場で一般の株式と同じように取引されます。


ETF(上場投資信託)のメリットは、連動対象とする指数全体への投資が可能となる点にあります。例えば、日経平均株価は225銘柄で構成されており、個人で225銘柄を購入しようとすると、莫大な資金が必要となります。ETF(上場投資信託)は投資家から集めた資金を基に運用しており、数千円から購入可能なものもあります。少ない資金で市場全体へ分散投資が出来る点に特徴があります。


また、対象となる指数も様々あります。東京証券取引所に上場しているETF日経平均株価TOPIXはもちろん、新興市場REIT、外国株式や商品まで様々な指数を対象としたものがあり、その数は200本を超えています。東京証券取引所で米国株へ投資を行う事も出来るのです。米国株を米国市場で買う事は非常に面倒です。投資初心者の方でも、ET(上場投資信託)Fを使えば簡単に様々な市場へ投資が行えます。


また、最近の東芝や震災後の東京電力等、個別銘柄はその企業特有の事象で市場全体の流れから取り残される事もあります。ETFは指数への投資であり、個別銘柄のリスクを極力抑えて投資を行えます。投資初心者の方で銘柄選定に悩まれている方は、是非ETFも選択肢の一つに加えてみてください。




[スポンサーリンク]



ETFの選び方


f:id:mozzarellatan:20170408090402p:plain

ETFに投資を行う時は、まず投資対象とする指数を選択してください。しかし指数を選択しても、その指数に連動するETFが複数存在するケースもあります。例えば、東京証券取引所には日経平均株価に連動するETFだけで10本近くあります。一つの指数に連動するETFが複数ある場合は何を選べば良いのでしょうか。ポイントは3つあります。


①純資産総額
 まずは純資産総額を調べてみて下さい。純資産総額が大きい方が、資金力を活かした効率的な運用が出来ます。純資産総額があまりにも低いようだと、投資対象からは外した方が無難かもしれません。


②コスト
 ETFは普通の株式と同じように、売買時に証券会社へ支払う手数料が発生します。この手数料は証券会社によって違いはありますが、商品による違いはありません。比較すべきは信託報酬と呼ばれる、運用管理に係るコストです。信託報酬は運用期間中ずっと発生します。僅かな違いでも投資期間が長くなればなるほど、大きな差を生みます。信託報酬は低いに越した事はありません。しっかりと比較検討を行ってください。


出来高
 1日あたりの出来高もチェックしてください。出来高の少ないETF(上場投資信託)は売却したい時に買い手が見つかり辛かったり、値段のブレが大きくなる可能性があります。出来高の多い商品を選択しておく方が得策です。


ETFを選ぶ際には必ず確認し、比較を行ってください。比較対象がないETFでも、上記のポイントはチェックを行う事をお勧めします。投資初心者の方は特に、ETFなら何でもいいと考えるのでは無く、ETF(上場投資信託)でも運用会社や商品によって違いがある事を頭に入れておいてください。


[スポンサーリンク]



インデックスファンドとの違い

f:id:mozzarellatan:20170408090432p:plain


ETFは指数に連動するように運用されますが、同じような特徴を持つものにインデックスファンドがあります。違いはどこにあるのでしょうか。


インデックスファンドとETFはどちらも指数に連動するように運用される投資信託ですが、主な違いは上場しているかどうかという点にあります。インデックスファンドは上場しておらず、基本的に1日1価格となる基準価額での取引となります。一方ETFは市場で売買できる為、リアルタイムの価格が反映されます。また、ETFは一般的な株式と同じように扱われる為、指値注文を出す事も可能です。機動的な売買が出来るという点では、ETF(上場投資信託)の方が有利です。


しかし、インデックスファンドが全くダメというわけではありません。インデックスファンドの方が最低投資金額が少ないケースも多いです。また、最近のインデックスファンドはノーロードと言って、売買時の手数料を取らないケースもあります。
最終的には機動的な売買の必要性を見極めた上で、売買時と信託報酬の総合的なコストや純資産総額等で判断を行う事となります。一概にどちらが良いかはケースバイケースですので、自身の投資スタイルを考えた上で、ETFとインデックスファンドの比較検討を行ってみてください。


まとめ


ETFは指数全体に投資が出来る非常に優れた商品です。個別銘柄の分析を行わなくて済む為、投資初心者の方にも簡単に投資が可能です。相場は好調だと思うけど、何を買っていいのか分からないといった時には、是非ETF(上場投資信託)を選択してみてください。
www.momochakei.com

ブログランキング・にほんブログ村へ