読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バブルは恐いが、逃げる事は出来ない<投資初心者必見>

バブル崩壊と聞くと非常に嫌な気分となります。特に日本はバブル崩壊後、失われた20年と呼ばれる景気低迷期を経験しており、バブルという言葉に嫌悪感を示す方が多いです。投資初心者の方の中にも、バブルが恐いと考える方がいると思います。今回の記事ではバブルについて説明してみます。


〇バブルは弾けてみないと分からない

f:id:mozzarellatan:20170408080451p:plain

いきなり投げ遣りな事を言いますが、バブルは弾けてみないと分かりません。弾けた後、冷静な頭で考えて、初めてバブルであったと気付きます。そもそもバブルであると分かった時点で投資は引き上げられるので、事前に分かればバブルは起きません。バブルを完全に回避する事は困難であると考えてください。


なぜバブルは起こるのでしょうか。バブルが起こる条件は様々ですが、主な条件を挙げると次の2つが挙げられます。

・金融緩和で資金余剰が起こっている
・景気の先行きに対して楽観論が多くなる

お金が余っていて、楽観的な市場にバブルは発生します。バブルの最中は全員が非常に楽観的な物の見方となり、実態とかけ離れて資産価格が上昇します。後から見れば異常な上昇でも、バブルの真っ最中はほぼ全員が資産価格の上昇に最もらしい理由を付けて正当化します。


参加者の心理で市場が動き、バブルが生まれるのです。心理状況とは面白く、楽観的な心理が大半を占めると、少数派の意見はかき消され、上昇は止まらなくなります。上昇に乗り遅れまいという心理が働けば、冷静な判断を行う余地は更に無くなります。このようにバブルの最中に冷静に市場を分析する事は困難であり、仮に出来たとしても、バブルを止める事はできません。


事実、1991年の日本の不動産バブル崩壊の後も、2000年のITバブル崩壊、2007年のサブプライムバブル崩壊と株式市場は大きなバブルの崩壊を繰り返しています。また、プチバブルは世界中で無数に起こっています。


過去の経験はほとんど活かされず、異常な心理状態に市場参加者は飲まれてしまう事を繰り返しているのです。今後もバブルは発生し、弾ける事は防ぎようがないと言っても過言ではありません。


バブルを予想する事や、冷静な判断で回避する事は非常に困難です。投資初心者の方はまず、バブルから逃げるという考えは捨てたほうが良いでしょう。


[スポンサーリンク]



〇バブルにどう対処すれば良いか

f:id:mozzarellatan:20170408080521p:plain

バブルを恐れるばかりでは投資を行う事は出来ません。逃げる事ができないバブルにどう対処すれば良いのでしょう。バブルに対する対処は一つです。損切りのルールを明確に作る事です。バブルが弾けた後、傷口が浅い内に売却してしまう事が一番の対処策となります。


購入時に予め、株価がいくら下がったら売却するかのルールを決めておき、それに忠実に従います。バブルの楽観論が残る中、損切りを行うのは非常に勇気のいる行動です。またすぐに上がるかも知れない、損を出してしまうのはもったいないという気持ちを捨て、機械的に売却を行いましょう。


言葉で言うのは簡単ですが、実際に行ってみると非常に難しい作業です。日本でも不動産バブル崩壊の後、いつか上がるだろうと思い、いまだに株を塩漬けにしている個人投資家は非常に多いです。塩漬けにしておくくらいなら、一度損切りを行って、相場が落ち着いた後で再び購入する方が収益機会は多く生まれます。対症療法ですが、バブルに対抗するには非常に有力な方法となります。


投資初心者の方は特に、購入時に売却のルールも明確にすることを癖づけてください。

[スポンサーリンク]



〇景気は好景気と不景気を繰り返す

f:id:mozzarellatan:20170408080540p:plain

バブルは防ぎようがないと話しましたが、そもそも景気自体が好景気と不景気を循環する性質を持っていると過去の経験から指摘されています。永遠に続く好景気は無く、逆も然りです。


景気循環には様々な説がありますが、50年周期での景気循環を唱えるコンドラチェフ循環や10年周期での景気循環を唱えるジュグラー循環が知られています。バブルは好景気の最後に起こる事が多く、バブル崩壊を境に不景気に突入します。


株式投資はサーフィンのようであり、景気循環の波にうまく乗れるかが重要です。好景気の波には素直に乗り、バブルが崩壊したら、ポジションをニュートラルに戻します。その後は耐え忍びながら、新しい波を待つ事を繰り返すのです。


バブルを恐れるのでは無く、バブルをシグナルと捉え、タイミングを図る事が投資家に求められる資質と言えます。
投資初心者の方はバブルを過度に恐れる事は止め、バブルも含めて景気循環の波をうまく利用する事を意識してください。


〇まとめ

バブルを生み出すのは異常な心理状況ですが、その当事者は自分が異常であると気付けません。過去に世界中で多くのバブルが発生しては弾けてを繰り返している事からも、バブルの回避は基本的に出来ないと考えて良いでしょう。ルールを決めて、バブル崩壊の損失を減らす事が重要です。バブルは回避出来ないので、しっかりと向き合う事を意識してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ