読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自称「もてない君」におすすめの恋活方法


オトコとオンナをとりまく恋愛事情は時代とともに移ろいゆき、「草食系男子」と揶揄される男性が増えています。「恋がしたいけど、どうせもてないし・・・」と思いこんでいる、「自称もてない君」もたくさんいるでしょう。しかしあきらめるのはまだ早いです。今回は「自称もてない君」におすすめの恋活方法をまとめました。


〇出会いの場を「お金」で買う


f:id:mozzarellatan:20170401030724p:plain


まずおすすめする方法が、出会いの場を「お金」で買うという方法です。なぜか。「自称もてない君」は圧倒的に「受け身」な人が多い。後述のSNSを介した出会いよりも、女性と話すという場をとりあえず用意してくれる「場」をお金で買うという考え方です。



[スポンサーリンク]



〇カップリングパーティ


f:id:mozzarellatan:20170401030738p:plain


ホテルなどをパーティ会場として、出会いを求める男女が決められた手順にのっとってトークをし、お互いの新密度をはかり、カップル成立を目指すものです。


パーティによって「婚活パーティ」とか「恋活パーティ」とか名前付けられてはいますが、基本的には出会いの場だという理解でいいでしょう。


ちなみにかつて放送されていた某TV番組の企画が名前の由来とされているので、「ねるとんパーティ」と呼ぶ人もいます。


このカップリングパーティ、メリットとしては、パーティにもよりますが、とりあえず1回は全員の女性とお話をする機会を与えられるということがあげられます。


反対にデメリットとしては、フリータイムで人気男性と女性の争奪戦になり、「勝敗」がついてしまうということです。

[スポンサーリンク]


〇相席居酒屋


f:id:mozzarellatan:20170401030752p:plain


最近TVや雑誌などで特集されることも多い新しい出会いの形で、イメージとしては上記カップリングパーティの居酒屋バージョンと思って頂ければよいでしょうか。


見ず知らずの男女が相席し、一緒にお酒や食事をともにしながら、会話を楽しむシステムになっています。料金は基本的に男性が支払い、女性は無料です。


メリットとしては、お店側が相席の組み合わせをセッティングし、さりげない配慮(例として、男女の年齢層があまり離れないようにしたり)をしてくれることで、必ず同数の女性陣とお話をする機会が持てることです。


デメリットとしては、基本的に飲食代は全額男性側が支払うシステムになっているので、女性は「それ目的」で来ている可能性も否定できないということです。


そのような女性は本心では男性との出会いにさらさら期待していない場合もあるので、トークタイムの中でどのあたりを見極める目が必要になります。


〇「街コン」


f:id:mozzarellatan:20170401030812p:plain


こちらもTVや雑誌などのメディアで取り上げられることが多いですね。その名の通り、「街ぐるみで行われる大型の合コンイベント」をさします。


一般的な「合コン」は友人、知人から誘われるケースが多く、「自称もてない君」の中には、「知っている人がその場にいると『コミュ障』が発動してしまい、会話などもうまくできない」というように、往々にして苦痛の場になります。


それに対してこの「街コン」は参加人数が多く、基本的に皆が「知らない者同士」ですので、一般的な合コンに比べて緊張する必要もないですし、大人数の中から自分の気の合いそうな異性と交流できるチャンスが生まれます。


最近は自治体が主催する街コンもありますので、初めての人でも安心して参加できます。


〇インターネットを介しての出会い


f:id:mozzarellatan:20170401030820p:plain


この20年でIT技術は飛躍的に向上し、インターネットがもはやなくてはならないものになりました。とくにスマートフォンの普及により、「いつでも」「どこでも」「遠距離でも」出会える機会は増えました。


SNS


f:id:mozzarellatan:20170401030829p:plain


Facebook」、「LINE」、「Twitter」などのソーシャル・ネットワーキング・サービス(通称SNS)などを介して出会う方法です。メリットとしては、これらSNSの多くが「コミュニティ」や「グループ」などという共通の趣味、嗜好などで集まる機能を有しているので、話が合いやすいということです。


例えば、「今度○○のコンサート観に行きませんか?」などという口実でデートに誘いやすい。デメリットとしては、これらSNSはあくまで「男女の出会い目的」を第一義的に運営されているわけではないので、恋活につながる保障がないことです。


〇マッチングサイト


f:id:mozzarellatan:20170401030837p:plain


インターネットを介して出会いの場を提供してくれるマッチングサイトを使うのも効果的です。


「マッチ・ドットコム」、「Omiai」、「pairs」、「ゼクシィ縁結び」など、多数のサービスがあります。メリットとしては、相互に自分のプロフィールを公開し、出会いを目的としているので、SNSのように様々な工夫をしなくてもいい、一言でいえば「話がはやい」ということです。


デメリットとしては、基本的にどのサイトも有料なのでそれなりに費用がかかるということ、まれに「サクラ」がいるという報告があることです。


〇友人、知人からの紹介


f:id:mozzarellatan:20170401030902p:plain


最後になりましたが、従来型からよくある出会いの方法として、友人、知人からの紹介という手段もあります。メリットとしては、自分と相手女性の共通の知人を介した紹介のような場合は、上記のインターネットサイトやカップリングパーティのような、「どこの誰だかわからない」という不安を双方で持つことがなく、知り合うことができるという点です。


デメリットとしては、やはり「自称もてない君」にはコミュニケーションをこなす前にがちがちになってしまいがちだという点や、いったんうまくいっても紹介という手前、破局や別れを告げることが後ろめたくなる、などの点があげられます。


ブログランキング・にほんブログ村へ