読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋活アプリで出会うために気をつけるべきプロフィールの考え方


〇恋活アプリのメリットとデメリット


f:id:mozzarellatan:20170331195357j:plain


恋活をしている男性にとって、「出会いの場」探しは非常に重要な要素となります。昭和の時代では、男女の出会いといえば、職場恋愛やお見合いが一般的でしたが、最近では、合コンやお見合いパーティ、街コンなどの恋活パーティのほか、マッチングサイトや恋活アプリなど、様々な出会い方が登場しています。中でも「恋活アプリ」は、長い間恋人がいない男性にとっては気になる存在ではないでしょうか。


ただし、恋活アプリにもメリットとデメリットがあります。デメリットを先に挙げると、まず、恋活アプリは「プロフィールを検索して利用する」という性質上、条件にヒットしなければ「女性の目に留まる機会がない」ということです。


もし、恋活アプリを使って「20代の女性と付き合いたい」と考えているとしたら、自分が40代以上の場合、検索にヒットする確率は低いと言えます。もちろん、「20代~30代の男性がいい」という女性もいれば、「50代以上の男性が好み」という女性もいるため、一概には言えませんが、女性がアプリを使って男性を検索する際の「条件」にヒットすることが重要になってきます。


もう一つ、恋活アプリの特徴として、「良くも悪くもプロフィール画像で決まる」という点です。例えば女性が「20~35歳」「身長170cm~180cm」といった条件で男性を検索した場合、画面の上部から順に、プロフィール画像がリスト表示されるかと思います。このタイミングで「女性が興味を惹くプロフィール画像」を設定していない男性は、いくら誠実であっても、プロフィール欄にいくら女性が興味を持つようなコメントが書いてあっても、それを見てもらう機会がありません。


しかし、それでも「恋活アプリ」は、恋活パーティや合コンなどと比べて、コストと時間を短縮できるという点で、非常に効率が良く、真剣に彼女を作りたいと考える男性は利用しない手はないでしょう。そのために、ここでは、最近増えてきている恋活アプリで女性と出会うためのコツをいくつか紹介したいと思います。



[スポンサーリンク]



〇恋活アプリはプロフィールが命


f:id:mozzarellatan:20170331195407j:plain


まず、恋活アプリは「プロフィール画像」で全てが決まるといっても過言ではありません。よくありがちな失敗例として、「俺イケてるアピール」が強すぎるプロフ画像があります。よく、高級車や高級腕時計と一緒に写っている男性のプロフ画像を目にしますが、仮に、高級車が目当てで寄ってきた女性と付き合いたいと思うでしょうか?ステータス自慢が垣間見える写真はなるべく避けた方が無難です。


また、正面から真顔で自撮りした画像を載せている例をよく見かけます。これは中高年男性に多く見られる傾向ですが、履歴書に貼る「証明写真」の様に正面から真顔で撮った画像は避けましょう。特にスーツを着て写ったプロフ写真は、とんでもなく堅い印象を与えてしまいます。


おすすめなのは、「誰かに撮ってもらった写真」です。出来れば友人と映っている写真の、自分が写っている部分だけをトリミングした画像が好ましいです。


何故、人に撮ってもらった写真が良いかというと、見た女性が「素の状態」をイメージしやすいからです。自撮りの場合だと、自分でシャッターを押すため、どうしてもカメラを意識した表情になってしまいがちです。ただでさえ会ったこともない男性とコミュニケーションを交わしていくのですから、親しみやすい印象はどれだけあっても困りません。旅行でピースサインをしている写真などもおすすめです。

[スポンサーリンク]



〇プロフ欄の一言コメントが最重要


f:id:mozzarellatan:20170331195342j:plain


恋活アプリではプロフィールが大切だと繰り返しお伝えしていますが、プロフ画像と並んで最も重要なのが、「プロフィールの一言コメント」「自己紹介文」です。よく「よろしくね!」「近くに住んでいる女の子からのメール待ってるよ!」など、本当に一言しか書いていないケースを見かけますが、これで女性からメッセージが返信されることはまずないでしょう。


では、具体的にどんな工夫をするべきかというと、「どんな休日を過ごしているか」「どんな趣味、嗜好を持っているか」など、「日常生活のワンシーンをセリフ付きで解説する」ことです。それも、一言で済ませるのではなく、まるで手紙の様に、最低でも400文字以上の自己紹介文を掲載するのがベストです。


この様に、自己紹介文を改善するだけでも、女性からのメッセージ返信率が10倍にも20倍にもアップするはずです。ただし、ここでも注意したいのが、「車はポルシェに乗っている」「年収が2,000万円くらいある」などの「自慢話」はしないことです。恋活アプリで女性が男性に対して求めるのは、まずは「安心して会える男性かどうか」という点です。


〇相手とのやり取りが発生したら早めに「会おう」とアクション


f:id:mozzarellatan:20170331195442j:plain


プロフィールの設定が済んで、実際に女性からの返信が来た場合、3往復ほどメッセージをやり取りしたら、なるべく早い段階で「会う約束」を取りつけましょう。


たまに、プロフィール欄に「すぐ会おうとする男性はNG」と記載している女性がいるためか、なるべく「アプリ内でメッセージを交換し続けることがマナー」という誤解が広まっている様ですが、「会うのはNG」という女性の声は無視してかまいません。


恋活アプリは「実際に出会うこと」を目的としているのですから、ほとんどの女性は、メッセージのやり取りが発生した段階で、実際に会うことを意識しています。逆に、いつまで経っても男性がアポを取らないと「この人ひょっとして男のサクラかな」と警戒されることすらあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ