恋活のおすすめ!友達へ昇格。特別な存在になれる3ステップの実践!


〇全然気になる女のコがいないわけじゃない。


f:id:mozzarellatan:20170527033117p:plain


むしろ、友達関係のあのコのこと、正直気になって仕方ない。そんな本音を隠しながら、恋活の仕方が分からない男子、いますか?本音を言えば、あのコの特別な存在になりたい。そう思うなら、今からご紹介する恋活おすすめ法を実践してみましょう!


恋活のおすすめ方法その1:女心のカラクリを利用する
よく女性の雑誌には「男性は獲物を追う性質だから…」なんて書かれているのをご存知ですか?確かに男の人は女のコに冷たくされるほどにアツくなるタイプ、多いですよね。
では、女のコはどうでしょうか?


女のコも実は「追いかけたい型」が半数以上です。ということは、あなたがするべき効果的な戦法は、いつも友達として接しているあのコの生活からちょっと消えてみる。



[スポンサーリンク]



寂しいのはガマンです。ガマンして、だいたい1か月を目安にあのコに連絡するのを辞めてみましょう。LINEなどで連絡が来ても、すぐに既読を付けてはいけません。今まで普通に得られた「あなた」をあのコに与えないという作戦です。


これは、正直なところかなり女のコの心を揺さぶります。例え彼氏がいる女のコであっても、男友達から「なんとなく冷たくされてる」感じ、これは不安で不安で、あなたのことが気になって仕方がなくなります。


「どうしたの?」と聞かれたら、「忙しくて」と答え、「何で?」と返されたら「いろいろね、。」と含ませて。

[スポンサーリンク]


〇女のコは勝手にあなたのことばかり考えるようになってくれます。


f:id:mozzarellatan:20170331200410j:plain


恋活のおすすめ方法その2:男くさいことを言う、やる、見せる!これも女心のカラクリですが、女のコはたとえ空手の黒帯を持っているようなコでも「男性に守られたい願望」を持っています。これもかなり甘ったるい、人には話せないようなベタベタな守られ方を夢見ている女のコ、いっぱいいます!


女子会なんかで「私はこんなことされたら好きになっちゃう」とか、「こういう人がいたら即付き合うよね」なんて馬鹿話をしているものなのですが、それが実は馬鹿話じゃなく本当にそんな風にされたい、そんな人がいたら、なんて夢を見ているのが女のコ。


〇男子にしてみれば「恥ずかしくて出来ない!レベル」ばかりですが、ちょっと箇条書きにしてみます。


・バイトの帰り、雨。「一緒に帰ろう」と肩をぶっきらぼうに抱き寄せられる(ぶっきらぼうがキー)
・彼氏の愚痴。「そんな男とは別れろよ。俺と付き合えよ。」と強引に言われる(強引がキー)
・バイト代が、お給料が出たからと食事をご馳走される。ちょっとしたレストランへ連れて行かれ、「美味しそうに食べるね」とニコニコされる。(バクバク食べる姿を褒められる、がキー)


どうでしょう、イメージ、掴めますか?まるで少女漫画なんですが、その通りなんです。結局時代が昭和から平成に変わろうと、女のコは永遠に少女漫画の世界を夢見ています。恥ずかしくて出来ない!と思っていることを、モテる男は実際にやります。バラの花束だってプレゼントするし、春に菜の花畑を見せに連れて行ったりなんてこともするんです。


あなたがあのコの気になる存在に昇格したいなら、「恥ずかしいから」という気持ちと戦うしかありません。そして、「男」であることを相手に意識させることです。友達だからと身体に触れることをあのコはなんの躊躇いもなくするけれど、あなたを「男」と意識した途端、あのコはあなたに触れるたびにドキドキしちゃうんです。


〇くさい…恥ずかしい…出来ない…と思うことを逆にどんどんやって下さい。


f:id:mozzarellatan:20170331200427j:plain


恋活のおすすめ方法その3:女のコを楽しませるより、話を聞いてあげること
方法その1であなたの存在を意識させ、その2で男であることを再確認させ、最後にすることは女のコの話を「ただ聞いて肯定してあげる」ことです。


これもよく言われますが、女のコって聞いてもらっていることを「肯定」して欲しいんですね。男子のように議論したいわけじゃない。意見が欲しいわけでもない。ただ、「そうなんだ、それは〇〇だね、酷いね」とか、「そっか、それは大変だ、分かるよ」のように聞き役に徹し、「ボクは完全に君の味方だよ」とアピールしてみて下さい。
www.momochakei.com
これはおすすめ方法その2にも通じるのですが、「味方=守ってくれる人」という図式があり、女のコは自分の話に「いや、それじゃ〇〇ちゃんは怒るよ」とか、「それじゃうまくいかないでしょ」のような否定形をする男子は「所詮心を開けない人」と壁を感じてしまうのです。


女のコがどんどん喋って「この人は味方」となれば、自然と「ヒミツ」を話してくるので、それをじっくり待ちましょう。女友達にも言えないような「ヒミツ」を話しだしたら、あなたに大きな信頼を置いている証拠。そうなったらもうこっちのものです。


二人の間に親密な空気が勝手に流れるようになりますから、あのコがあなたの恋人になってくれる可能性は相当高まったと言えるでしょう!


簡潔にまとめますが、まず冷たくし、その後強引に男らしさをアピール、最後に味方であることをアピール。このパターンは女のコが非常に弱いとされるゴールデンルートです。


ブログランキング・にほんブログ村へ