読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動産投資で不動産を所有し続けるリスクと失敗しない売却のタイミング


f:id:mozzarellatan:20170324224306p:plain


不動産投資をすることになった場合、必ず不動産を所有しなければいけません。多くの方が、不動産投資で失敗したくないため、このようなことを考えます。「不動産を所有するのにリスクってないの?」「失敗しない売却のタイミングってあるの?」というものです。今回は、このような疑問について解説していきたいと思います。



[スポンサーリンク]



不動産の所有で存在する2つのリスクとは?


まず、不動産を所有し続けることで、大きく2つのリスクが存在します。簡単に説明すると下記に記載する通りです。


①老朽化に伴いリフォーム費用がかかる
まず、不動産を所有し続けていると、必ず古くなってしまいます。長年、アパートなどの不動産を所有されている方でしたら、ご理解いただけると思います。壁のいたるところにひびが入り、お客さんからは、「耐震とか大丈夫なのですか?」と質問があるでしょう。しかし、リフォームしようと思ったら、非常にお金がかかります。


②老朽化に伴う空室対策が必要となる
不動産の老朽化に伴い、空室対策が年々大変になってきます。建てたばかりの新しい不動産であれば、それほど空室対策をしなくても、人が集まってきたという方は多いと思います。しかし、老朽化するにつれて、家賃を下げても人が集まらなくなり空室対策が大変という方もいるでしょう。上記の2つが、不動産を所有し続けるリスクだと考えられます。

[スポンサーリンク]




不動産投資の失敗しない売却のタイミングとは?


f:id:mozzarellatan:20170324224328p:plain

不動産投資で失敗したくないのであれば、売却するタイミングを見極めなければいけません。そのタイミングを2つご紹介させていただきます。


①不動産の修理費用が回収できなければ売却
まず、不動産というのは黒字になって売却することが、正しい売却のタイミングというわけではありません。修理費用が回収できず、不動産を所有し続けても意味がないと判断し、手放すことも正しい売却のタイミングです。


②売却して初めて利益が確定する
不動産投資をしている以上、最初はマイナスでもプラスに転じるようになります。この時点では、利益を確定が確定しているとは言えません。売却して初めて確実に利益を確定させることができます。長期間、不動産を所有し、売却のタイミングをはかることも大切ですが、老朽化による売却価額の低下も考えられます。また、不動産は流動性が低いため、売却が一番難しいと覚えておきましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ