不動産投資で重要なのは融資と高利回り物件の組み合わせと対策


不動産投資で重要なのは融資と高利回り物件の組み合わせと対策


f:id:mozzarellatan:20170324222938p:plain


銀行の融資を有効に利用すれば、少額の自己資金から不動産投資を始めることができます。不動産投資で大きな利益を得るためには、銀行からの融資と高利回りの物件の組み合わせが非常に大切になってきます。今回は、不動産投資で重要な、融資と物件の関係について、初心者にも分かりやすく解説していきます。



[スポンサーリンク]



不動産投資における融資の必要性


f:id:mozzarellatan:20170324222955p:plain


これから不動産投資を始めるのであれば、物件について勉強する前に、「融資」について勉強しておきましょう。なぜなら、融資について勉強しておけば、自己資金が少ない人でも、早い段階で高利回りの物件を購入できる可能性が高くなるからです。


自己資金が貯まるのを待っていたら、なかなか不動産投資を始められないでしょう。銀行から融資してもらえれば、今すぐにでも欲しい物件を購入できてしまいます。ただし、融資を受ける以上、2%~3%の金利を支払う必要があります。そのため、しっかりと返済計画を立てておく必要があります。

[スポンサーリンク]




不動産投資で重要なのは、高利回りの物件


不動産投資業界では、「高利回り」という言葉を聞くことがあります。高利回りとは、投資で得られる収益が高いことを意味します。つまり、高利回り物件とは、不動産を購入し運営した場合、得られる収益性が高い物件だということです。金融機関では、本当に融資可能か確認するために、物件の担保力を調査します。その際、収益性が高ければ、非常に高く評価され、融資の承諾がされやすいということです。


表面的な利回りではなく、実質利回り


銀行の融資の際に、審査ポイントとして、実質利回りの確認というものがあります。一般的な利回りという言葉は、不動産運営に必要な支出を、引き算していない状態の数字を表します。銀行が確認しているのは、引き算した後の数字です。実質利回りが高ければ、融資される可能性が非常に高くなるため、物件購入の際に気をつけてください。


融資額を返済できなくなった場合


不動産投資を行われる方で、融資されたお金を返済できなかった場合のことを、気にされる方がいます。もし、返済できなければ、すぐに法律事務所に相談してください。


法律事務所には、借金問題を解決できる債務整理を専門とした弁護士や司法書士がいます。返済額が大きく、裁判が必要だという場合、司法書士ではなく弁護士に依頼してください。弁護士であれば、裁判の代理権によって債務者本人の代わりに裁判所に行きます。ぜひ、不動産投資を始める際は、不動産投資で重要な、返済計画を立てながら融資を得て、物件探しを行ってください。
www.momochakei.com


ブログランキング・にほんブログ村へ