サッカー選手が、ブログやSNSを試合内容やプライベートの更新理由


サッカー選手がブログを更新するわけ


かつてスポーツ選手の考えを知る機会はテレビのインタビューや雑誌の記事でしか見ることが出来なかったが、今では当たり前のようにブログやSNSで気軽に選手の考えていることやプライベートを知る事が出来るようになりました。今回はサッカー選手にとってブログとは?をテーマにしていきたいと思います。


サッカー選手のブログが普及したきっかけは?


f:id:mozzarellatan:20170322205623p:plain




[スポンサーリンク]



サッカー選手でブログと聞いて最初に思い浮かぶのはやはり中田英寿でしょう。今でこそ中田英寿がテレビやインタビューで普通に受け答えを行っているので引退してからの中田英寿しか知らない方はご存じないかもしれませんが98年ワールドカップ前のインタビューなどをぜひご覧になっていただきたいと思います。(笑)


当時の中田英寿はどこか攻撃的でマスコミを小バカにしたような発言が多くインタビューしか見ていない人は正直イメージが良くなかったかもしれません。


ただ、中田英寿がマスコミ嫌いになったのはあるキッカケがあったのです。


事実と異なる報道


そのキッカケがあるまでの中田英寿はインタビューにも丁寧な受け答えをしておりマスコミにも友好的でした。しかしある試合でチームが敗戦した時に、インタビューに答えていたのですが彼が発言したものとは全く違う内容で報道がされており、とてもショックを受けたそうです。そこからはマスコミにはあまり発言を行わなくなり、代わりに自身の言葉で真実を伝えることが出来るブログを発信するようになりました。


[スポンサーリンク]



そこにはマスコミには見せないピュアな姿があった


テレビのインタビューでは相変わらず無口・クールなイメージで報道が行われていたのですが、その裏のブログではローソンのからあげくんが増量中のときに買ったのに増量されていなかった。


などの他愛もない更新から試合に対するコメントや思ったことなどを包み隠さずに伝えようとしている本来の中田英寿を見ることが出来ました。


それを見て育った世代は自然と


イタリアセリエAで著しい活躍を見せていた中田英寿はサッカーをしていた子供はもちろん、高校生やプロ選手にとっても憧れの選手となっていました。


月日が経つにつれてそのブログを見ていた世代がプロになっていくと自然と見ていた側から発信する側へと変わっていったのでサッカー選手のブログは当たり前のようになりました。


ブログからSNSの時代へ


たくさんの選手が様々なブログをしていた時代がありましたが今ではSNSが主流になりつつあります。特に海外に所属をしている選手はSNSを頻繁に更新をしてサポーターの方と交流の場として利用をしている選手がたくさんいます。特に吉田麻也SNSの更新は人気となっています。


なぜ吉田麻也SNSは面白いのか?


f:id:mozzarellatan:20170322205647p:plain


とにかくたくさんの選手が出てきます。オランダリーグに所属をしているときには彼が得点をしたときに当時ドルトムント1年目の香川真司も得点をする機会が多く報道が大きくされないといった記事を書いていて筆者がツボにハマったことを今でも覚えています。


また、報道陣の前では強気な姿勢を崩さない本田圭佑がクシャクシャの笑顔で笑っている写真がアップされたりと選手の意外な一面が見ることが出来ます。もちろん文章の書き方も面白いので筆者も真似していきたいところです(笑)


もちろん自身の言葉で発するゆえに問題もあります。


f:id:mozzarellatan:20170322205655p:plain


通常雑誌のインタビューでは編集の方が校正をするためあまりに過激な発言や誤解を招くような発言に対しては事前に確認があったり、記載を行わない場合があります。(一部の誇張した表現を行う記者がいることも追記しておきます。)


しかし、ブログやSNSでは自分の好きな時間に好きなタイミングで更新を行うことが出来るがゆえに問題発言を行ってしまうことがあります。


例えば筆者が印象に残っているのが現在日本代表守護神として活躍をしている西川がまだ大分トリニータに所属していた時のブログ内の発言である。


問題の発言は2008年7月20日付けで書かれていた、同日行われたジュビロ磐田戦で、大分トリニータが2-1で逆転勝利を収めた日に更新されました。
www.momochakei.com
その試合で西川は通算4枚目のイエローカードを受け、次節出場停止となったのですがブログ内に「今日のイエローカードはみんなビックリしたと思いますがわざともらいました!!p(^^)というのも通算で3枚たまってたので今回一枚もらっておこうと考えてました!!」というような記事を投稿してしまったのです。


何が問題かというと意図的にイエローカードをもらったこと、そしてその出場停止になる試合には自身がオリンピック合宿で不在なこと。そしてオリンピックの合宿が終わった後には累積なしの状態で残りの試合を戦うことが出来る。そのためにわざとイエローカードをもらったと本人が発言してしまったのだ。


もちろんプロとしてこのような打算的な行動を取ることは当たり前だと思うのですが本人がそれを認めてしまったらスポーツマンシップに反すると批判が出ても仕方がないと思います。


このサッカー選手のブログはすぐに批判が殺到したため、問題の箇所は20分で削除され、翌日に西川はブログで謝罪をしたのだが所属クラブからは厳重注意となりブログは無期限の停止となりました。


このように誰にも介入されることなく発言が出来るがゆえに問題となってしまうこともあるようですが、筆者としてはそういった問題も含めて、サッカー選手の言葉で発信してくれるブログやSNSでの発信は大切だと考えます。


ブログランキング・にほんブログ村へ