不動産投資で銀行の融資を受けるコツとは!?担保価値が必要。?

不動産投資ローン


不動産投資において、即金だけで物件を買えるというケースは理想ではありますが、現実的にはなかなか難しいところでしょう。一つ目の物件を買うならばサラリーマンなどで低収入があれば比較的融資は受けやすいものです。


しかしアパート一棟をまるごと購入したり、マンションを2部屋目、3部屋目と買い増ししたりしていくためには、銀行や信用金庫などから融資を受けないといけないでしょう。不動産投資において、利益を上げて専門の投資家として生計を立てていくのならば金融機関からの融資を受けることは必須になります。ではどうすれば融資を受けやすくなるのでしょうか。


f:id:mozzarellatan:20170317214605p:plain




[スポンサーリンク]


銀行は物件の担保力を見る


銀行が融資の可否を決定する要素としては、最も重要視されるのは債務者の返済能力であることは言うまでもありません。安定した大企業のサラリーマンや公務員が融資を受けやすいのは、失業したり、給与が急激に低下する可能性が低く、貸し出した資金を確実に回収できる可能性が非常に高いからです。


そして次に重視をしているのが、万が一返済が滞った時に、物件を売却することにより貸し出した分の資金を回収できるか、つまり担保になる能力が高い物件であるかどうかです。


容積率オーバー、再建築不可といった条件を持つ物件は銀行の融資を受けにくいですが、それはこれらの物件が非常に売りづらく、また売っても高い値がつかないなど資産価値が低いからです。


[スポンサーリンク]


融資を受けるには担保力の高い物件選びが重要


では担保力が高く、不動産投資に向いている物件とはどんな物件でしょうか?個人投資家が買うべきものとしては


・駅前の単身者向けマンション
・都心にある
・構造が強固で被災リスクが少ない
・住人の質が高い


といった要素を持つ物件になるでしょう。都心でも今後はファミリー層やカップルなど複数の人間が同居する世帯より、単身者世帯が今以上に増加すると予測されています。そこで空き室リスクが低く、常に需要がある物件として単身者向けマンションが人気となっています。さらに機能面にも優れて、人的なリスクもないなど、とにかく収益を得やすく、転売がし易い物件であることが担保力として重視されるのです。


f:id:mozzarellatan:20170317214621p:plain


まとめ


もし不動産投資の収益を増やすために、物件の買い増しをしていくのならば都心にある、立地の良い単身者向けマンションを選ぶようにしましょう。また利回りの面で考えれば中古マンションが適当と言えます。スムーズに融資を受けるのならば、その物件が銀行にとって担保として評価が高いのかどうかを、気にするようにしましょう。
www.momochakei.com

ブログランキング・にほんブログ村へ