投資信託と株式投資はどちらがお勧め?投資信託のコストは割高?


投資信託株式投資はどちらがお勧め?<投資初心者必見>


投資を始めようと考える人に「投資信託と株はどちらがいいのですか」と聞かれる事が良くあります。非常に難しい問題ですが、両者には一長一短があり投資についての考え方によって、答えが変わります。今回は投資信託株式投資の違いについて説明していきます。


投資信託はコストに注意


f:id:mozzarellatan:20170317210309p:plain


雑誌やホームページで投資信託をお勧めする記事を見ると、必ず書いてある言葉があります。それは「運用のプロにお任せできる」というものです。確かに投資信託のメリットはそこにあり、投資のプロであるファンドマネージャーにお金を預け、投資をしてもらいます。投資を始めたばかりの人は非常に魅力的に感じます。


しかし、良い話ばかりではありません。プロに運用してもらうにはそれなりのコストが掛かります。投資信託には主に2つのコストが掛かります。


1つ目は購入時に支払う手数料です(売却時に支払うタイプもあります)。商品によって異なりますが、ノーロードとよばれる、購入時手数料不要の物から、3%以上掛かる物まで様々です。購入時に一度支払えば、基本的にはそれ以上掛かりません。


2つ目は信託報酬と呼ばれる運用管理に充てる費用です。これも商品によって異なりますが、高い物だと、年率3%を超える物もあります。投資信託保有している間は常に発生する費用であり、信託報酬年率3%の商品だと、100万円に対して、年間3万円の費用が掛かっている事になります。


株式投資の場合は、基本的に売買の時の手数料のみがコストとなり、ネット証券だと、買いと売りを合わせても1%以下で済む場合も多いです。投資信託は信託報酬の負担が多い事を頭に留めておく必要があります。




[スポンサーリンク]



投資信託の方が良いケースもある


f:id:mozzarellatan:20170317210330p:plain


コストの高い投資信託ですが、投資信託での投資を積極的にお勧めするケースも有ります。忙しくて、株の値動きを頻繁にチェック出来ない方がそれに当たります。投資信託の場合、個別銘柄の売買はファンドマネージャーにお任せとなります。


投資家は相場全体の値動きと保有投資信託の値動きのみをチェックすれば良いのです。時間の掛かる個別銘柄の分析が不要となるので、忙しい方はコストを払ってでも投資信託の投資を行った方が良いケースも有ります。


また、個人では手を出しにくい市場に投資出来る事もメリットであり、そうした市場へ関心のある方は、投資信託を購入しても良いでしょう。海外、特に新興国株式は個人で購入する事は難しく、情報収集も非常に困難です。また海外不動産市場や商品市場も同様です。


投資信託の場合は、それぞれの資産の専門家にお任せ出来ます。個人では敷居の高い市場への投資に関心のある方は、投資信託という枠組みを使って、投資を行ってみて下さい。

[スポンサーリンク]



投資初心者の方は現物株投資からスタートがお勧め


f:id:mozzarellatan:20170317210347p:plain


投資信託のメリット、デメリットを説明してきましたが、ここで冒頭の「投資信託と株はどちらがいいのですか」という質問に戻ります。私は投資初心者のこうした質問に対しては、基本的に株をお勧めしています。初心者に株をお勧めする理由は主に次の2点です。


まずは、株式投資が最もコストが掛からず、儲かる可能性のある投資だという点です。プロのファンドマネージャーは年間の運用成績が10%を超えると称賛されるそうです。


プロでも10%儲ける事が難しい世界で、信託報酬で年間数%のコストが掛かる事は大きなマイナスとなります。最近は投資信託市場にも変化が見られ、コストを低く設定した投資信託も出てきています。


購入時手数料無料の投資信託もあり、信託報酬の引き下げを行う商品もあります。しかし、どこまで頑張っても、間に人が介入している以上、現物株投資のコストを下回る事は困難です。自分で判断し取引を行う事が、もっとも低コストである事は今後も変わりません。


もう一つの理由は、株式投資は全ての投資の基本である点です。投資信託での運用も結局は株式の売買となります。違いは自分でやるか、人に任せるかの違いだけです。


投資初心者の方には最初は損をする事を気にせずに、基本となる現物株投資を学んで頂く事が重要であると考えています。現物株投資の経験があれば、他の様々な投資への応用が利きます。


投資初心者の方が投資に関心を持ったきっかけは、儲けたいからという理由が圧倒的に多いです。儲けたいのなら、儲かる可能性のある方法を学ぶことがお勧めです。


投資信託はコスト面でのデメリットがあり、また、あくまでも株式投資の応用となります。最初は是非現物株投資から始めてみて下さい。そうする事で、自分の投資スタイルや投資に対する考え方も磨かれます。


経験を積んだ上で、もう一度自分自身に「投資信託と株のどちらがいいか」を問いかけると、初めて納得のいく答えが得られるのではないでしょうか。


まとめ


投資信託株式投資のどちらが良いか」については、ケースによって様々であると言えます。しかし、投資初心者の方はなるべく現物株投資を行ってみて下さい。株は売買を行って初めて分かる事が多くあります。最初からお任せにしてしまうのでは無く、まずは自身でトライしてみて下さい。
www.momochakei.com

ブログランキング・にほんブログ村へ