読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

郷を出た経験がある人全てにおすすめの映画。洋画版、上京物語『ブルックリン』。

株・FX


故郷を出て、都会に出た経験がある人なら共感できること間違いなし!

f:id:mozzarellatan:20170317204621p:plain
 今回は、2015年に公開された映画『ブルックリン』を紹介します。簡単にいうと、アメリカ版上京物語と言っていいと思います。日本でも、春になると、地方から都会に進学や就職のために出てきた若者たちがたくさん出没します。彼らは、自らが生まれた時から付き合ってきた方言や、振る舞い方が都会では通じないことに戸惑いながらも、格闘しながら徐々に都会の色に染まっていきます。それは日本でも海外でも同じで、この『ブルックリン』では、アイルランドの田舎から一大決心をしてニューヨークに渡ってくる女性の物語を丁寧に描いています。方言や、都会暮らしに馴染むまでの大変さなど、海外も日本も同じなのだなと、感じますし、女性の自我を描いたとても美しい映画だと思います。
 春になって、都会に出たばかりの人にもおすすめですが、過去に地元と都会でどちらが自分の本当の居場所なのか悩んだ経験のある人にもとてもおすすめの作品です。また、作品の時代が1950年代ということで、当時の往年のファッションや、街並みなど、見ているだけでとても目の保養になって楽しい作品です。日常生活にうんざりするようなことがあったら、ぜひ、この作品を見て、気持ちを新たにしてもらいたいな、と思います。


都会か、それとも故郷の田舎か、それはあなた自身が決めること

f:id:mozzarellatan:20170317204631p:plain
 主人公のエイリシュは、アイルランドの田舎町でくすぶった思いを抱えながら、小さな食料品店で働いています。そんな中、彼女の姉が、アメリカのニューヨークに渡るように後押しをしてくれます。そんな姉の後押しもあって、エイリシュは、勇気を出して新天地に赴くことになります。1950年代なので、アイルランドからニューヨークは船での移動になります。船旅では、見ず知らずの人が彼女の新生活を応援してくれます。こういった、旅先でのちょっとした優しさが本当に心にしみることってありますよね・・・。
 ニューヨークのブルックリンは、下町で、移民が多く暮らす地区です。色々な映画の舞台で、度々、登場してくるエリアです。ここに居を構えたエイリシュは、慣れない都会生活、デパートでの仕事、言葉の問題、友人関係など、様々な苦難に見舞われることになります。徐々に、目的意識を失いそうになる彼女ですが、知り合いの牧師の勧めで会計の勉強のために学校に通うようになります。それが転機となり、彼女は自信に満ちた洗練された女性へと徐々に変化してきます。そして、イタリア系の青年に知り合います。一方で、アメリカ行きを後押ししてくれた姉の訃報が故郷のアイルランドから届いて・・・。
 ということで、それ以降のあらすじは見た方のお楽しみということで詳しくは書きませんが、田舎を出て、都会暮らしをしたことのある人には誰しも心の琴線に触れるストーリーなのではないかと思います。故郷を捨てることは、勇気のいることですが、自分の中にある’何か’に目をつぶって生きることはできません。主人公のエイリシュは、閉塞感の漂う故郷の田舎町を後にして、大都会のニューヨークに移り住みます。当時の時代を考えると、女性一人で海外に移住するのは大変なことだったろうと思われます。周囲の反対を押し切って何かを求め、移り住んできた人々が作ったのがブルックリンという地区で、アメリカという国なのだろうと思います。エイリシュは、一度は都会で自分の居場所を見出せずに挫折しそうになります。ですが、勉強を始めたことで、自分らしさを取り戻します。都会というのは、つくづく、何か目標がないと、その居場所を見失ってしまうところなのではないか、と思わされました。
 勉強を始めて洗練された雰囲気を獲得した彼女は、やがて同じ移民であるイタリア系の青年に一目惚れされ、交際がスタートします。彼といるとエイリシュは、寂しかった都会の風景が全く異なって見えてきます。恋の力を得たエイリシュは、訃報を受けて故郷のアイルランドに一度は帰ります。帰った先では、居心地の良さも手伝って、彼女の心は揺れ動きます。・・・こういった経験、ふるさとを離れたことのある人は、多かれ少なかれ一度は経験したことがあるのではないでしょうか?

未来に向かって、決断をするのは自分自身しかいない!という事実

f:id:mozzarellatan:20170317204639p:plain
 故郷の温かさや、その素晴らしさを再認識した主人公ですが、とある出来事で自分の居場所はやはり故郷にはない、ということをまざまざと見せつけられます。少しネタバレになるかもしれませんが、田舎の良さは、人間関係がある程度限られており、昔からの旧知の仲にある長年の付き合いによる信頼関係だと思います。ですが、その人間関係も、プラスに働く場合と、マイナスに働いてしまう場合とがあります。これは、全世界共通の事柄だと思われます。昔からの友人関係は楽で、温室のようだけど、それが時には煩わしい出来事に発展してしまうこともあるわけです。そのあたりも、リアルな描写だな、と思わされてしまいます。

まとめ

 地方から都会に出てきて寂しい思いをしている新入社員や新入生の方は、勇気付けられる映画かもしれませんので、春には特におすすめです。

[スポンサーリンク]



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング