読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自転車ツーリングを始めよう!必要な道具

アウトドア


自転車ツーリングを始めよう!必要な道具

自転車ツーリングという言葉を、聞いたことはありませんか?

バイクのツーリングであれば、きいたことがあるかもしれません。

あの有名な「水曜どうでしょう」などでも、スーパーカブという原付バイクに乗って日本を縦断するという企画があったように、ツーリングといえばバイク。

そのような感覚だと思います。

しかし、バイクではなく自転車で日本を縦断する、というような挑戦をしている方もいるのです。

「日本を一周してます」

と書いた板をくくりつけ、自転車で道路の横を漕いでいる姿を見たことはありませんか?

それがまさしく、自転車ツーリングなのです。

「中テーマ:自転車ツーリングの魅力」

自転車ツーリングの魅力は、やはり車やバイクを使わない。

というところにあります。

自転車という道具は使いますが、ほとんど自分の力で、遠くの街まで、そして日本一周、世界一周までできてしまうのです。

そんなところにロマンを感じ、次はどこへ行こうとなるのです。

車やバイクに乗っていては感じることのできない静かな自然、素晴らしい景色が待っています。

寄り道なども比較的簡単にできるし、駐車場などがなくてもなんとかなります。

テントやシュラフ、野営道具を持っていけば、たちまち住所不定のホームレスです。

自分の力で生きるということを、心と体で感じることができます。


自転車ツーリングの自転車の種類

まずは、何と言っても自転車ですよね。

いろんな種類があり、ロードバイクがいいなんて言われていますが、正直ママチャリでも日本一周できます。

だからなんでもいいと言われればそれまでなのですが、どんな種類があるのかを、紹介していきましょう。

自転車は、大きく分けて
ロードバイク
・マウンテンバイク
クロスバイク
・ママチャリ

の4つに分かれています。

ロードバイクはスピード重視の自転車で、トライアスロンやスピードを競う競技などで使用されます。
f:id:mozzarellatan:20170313213750p:plain

写真のように、ハンドルが曲がっていることにより、楽な姿勢での走行を可能にしているということ。

自転車の車輪のフレームが細く、タイや自体も細い物をつけているために、しっかりと舗装された道路などでは絶大なスピードを誇ります。

しかし、弱点が一つあるのです。

それは、パンクに弱いこと。

舗装された道であればパンクすることはそうそうないのですが、未舗装の道路だったり、小さな石ころが落ちているところなどだとすぐにパンクしてしまいます。

ですから様々な道に対応している訳ではなく、サイクリングロードなど、しっかりと舗装されたところで、スピード感を楽しむ自転車だといえるでしょう。

次はマウンテンバイク。

f:id:mozzarellatan:20170313213805p:plain
マウンテンバイクの特徴は、タイヤが太くて頑丈だということ、クッション機能が充実していることです。

ロードバイクと全くの正反対で、スピードは期待できない代わりにパンクに強く、どこでも自由に進むことができる自転車なのです。

マウンテンバイクの特徴であるクッション機能とは、地面からの衝撃を吸収する機能のことです。

具体的には、写真でも分かるように、ハンドルとタイヤのフレームの連結部分やサドルとフレームの連結部分にあるものです。

マウンテンバイクは、スピード感を求めない、冒険心溢れる人に合った自転車です。

そしてクロスバイク
f:id:mozzarellatan:20170313213821p:plain
クロスバイクは、写真を見る限りあまり特徴が無いように見えますが、簡単にいうとマウンテンバイクとロードバイクの中間なのです。

タイやも、クッションも、スピードも、中間なのです。

なので、ロードバイクのようにパンクしやすいわけではないのでわりかし安全で、マウンテンバイクよりもゴツくないためにスピードもそこそこ出すことができる。

そんな自転車が、クロスバイクなのです。

ママチャリの説明は省きます。

さて、一通り解説してきました。

気になるのは、じゃあ自転車ツーリングに適した自転車はどれ?というところでしょう。

じつは、今までの自転車のいいところを全て取って作られた”ツーリングバイク”があるんです。
f:id:mozzarellatan:20170313213838p:plain
ツーリングバイクの特徴は、タイヤはパンクしづらいマウンテンバイク風に、ハンドルは、楽な姿勢でこぎ続けられるようにロードバイク風につくられています。

ツーリングバイク独自の特徴は、前輪や後輪のフレームの部分に荷物をつけることができるというところです。

耐久性は抜群で、GIANTというメーカーのグレートジャーニーというツーリングバイクで日本一周をしたときには、全ての故障をいれても一回パンクしたのみという頑丈さ。

さすがツーリングバイクというだけはありますね。

自転車ツーリングに適した自転車はツーリングバイクであるのはいうまでもありませんが、クロスバイクでもツーリングを楽しむことができます。

ツーリングバイクを買うお金がないときは、持っていたクロスバイクの後輪フレームの部分に荷台を取り付け、テントやシュラフなどをくくりつけてツーリングに行ってました。

まとめ

いかがでしたか?

自転車ツーリングの魅力は、エンジンを使わずに、人力で進み続けることにあります。

自転車選びも、様々な特徴がある自転車がたくさんあるので、新しく買うときは迷うかもしれません。

そんなときはぜひ、今回紹介したそれぞれの特徴を参考にしてみてください。

[スポンサーリンク]



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング