読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北海道で、川釣りをやってみよう。


北海道で、川釣りをやってみよう。


あなたは、北海道の川を見たことがありますか?本流、支流、渓流いずれにも、なかなか見ることのできない特色が存在します。そして、いる魚の種類。


道南の一部を除き、ブラックバスが生息している川は皆無と言っていいでしょう。だから、釣れる魚の種類も豊富で、街中の川でもトラウトが釣れてしまったりするのです。


サクラマスが遡上してくる川もあります。ある条件、それも、とっても厳しい条件をクリアしていないと、サクラマスは川には遡上してきません。分かる人には分かる、北海道の川の凄さがここに隠れています。



[スポンサーリンク]




北海道の主な川


北海道の三大河川である天塩川石狩川十勝川。それに連なる支流、注ぎ込む渓流。山に囲まれている北海道には、実に沢山の川が存在します。三大河川の河口付近は、ほとんど湖のような広さ、面積を誇り、本州の川に引けを取らないほどの流域面積を誇ります。


釣りで有名な川をひとまず挙げるだけ挙げてみると、道北には、天塩川、興部川、藻興部川、サロベツ川、忠別川、猿払川、サンル川など。
道東には、釧路川、阿寒川、網走川常呂川十勝川札内川など。


道南(札幌周辺も含む)には、石狩川美幌川千歳川尻別川勇払川など。そのほかにも、沢山の小さな川、隠れた名川があります。


釣れる魚


f:id:mozzarellatan:20170313212714p:plain


魚は多くの種類がいますが、北海道と言えばマス科の魚たちでしょう。まずはエゾイワナ。エゾイワナは、北海道の道北、道南などには上流の、流れが比較的激しいところに生息し、大雪山周辺の大雪ダム、そこに流れ込んでいる川での渓流釣りで、よく釣れます。


そして、道東では、渓流まで行かなくても、どこでもエゾイワナを釣ることができます。とくに釧路川、音別川などでは、エゾイワナが尺ほどにおおきくなったアメマスがつれる、全国的にも有名な河川です。


北海道のイワナは、釣る河川にもよりますが、釣ったその場で刺身にして食べることができます。(あくまでも自己責任ですが…。)川魚特有の臭みがほとんど無く、非常に美味なイワナに魅せられ続けている人も多いのです。


そしてヤマメ。


f:id:mozzarellatan:20170313212727p:plain


北海道のヤマメは、河川、地域によって様々な姿を見せます。とくに道北では、名寄市周辺にある名寄川、サンル川のヤマメはとても有名で、小柄でもパワフルな引きを感じることができます。


ヤマメの全長の、特に縦の大きさは比にならないほどです。サンル川ではヤマメの海洋型、サクラマスが遡上します。サクラマスはキャッチ&リリースですが、サンル川のヤマメは釣ることができます。


そしてニジマス


f:id:mozzarellatan:20170313212736p:plain


ニジマス外来種ですが、北海道の川の生態系の一部となってしまっています。ブラックバスはなんでも口に入れて消化するので、その場の生態系に多大な影響を与えています。


しかしニジマスは、フィッシュイーターではありますが、それほど生態系に影響を与えていないのか、あまり外来種のイメージはありません。


ニジマスは、本流、特に下流に多く潜んでいます。大きくなることが多く、とてもパワフルな引きを感じることができます。釣れるのは主に三大河川で、特に石狩川でよく釣れます。イトウやオショロコマといった希少種も生息しています。


f:id:mozzarellatan:20170313212754p:plain


イトウは、道北では天塩川、道東では釧路川などが有名です。しかしイトウは天然記念物であり、絶滅危惧種でもあるために、釣りの対象魚にするのはいかがなものかとは思いますが、沢山のファンがいることは事実です。


オショロコマは釧路川、阿寒川などに生息し、道北の渓流にも生息していることが分かっています。オショロコマも、準絶滅危惧種から絶滅危惧種に繰り上げされているので注意が必要です。


摩周湖周辺の神の子池という、湧水地があります。湧水の色が青く見えるために、観光名所としても名高いこの場所で、悠々と泳いでいる姿を眺めることができます。

[スポンサーリンク]



北海道でのおすすめの釣り方


初心者におすすめの釣り方は、餌を使ったミャク釣りです。北海道のトラウトを手軽にすぐに、釣ることができる釣りの方法です。餌はドバミミズ、ブドウ虫、イタドリ虫などです。


ドバミミズやイタドリ虫は、現地で調達することができます。コストパフォーマンス抜群ですね。道糸1号ほどに、1号未満のハリスをつけた仕掛けにガン玉を適当につければ、筒底の大きさのトラウトは釣れます。


わざわざ渓流に出向く必要は無く、駅裏の、街中を流れる川で釣れます。北海道のすごいところです。北海道では、フライフィッシング、ルアーフィッシング、テンカラ釣りなども人気です。試してみてはいかがでしょうか。


まとめ


今までにも何度も話したように、北海道の川はフィッシャーにとって最高の地といえます。魚影が濃く、良い川がどこにでもある。トラウトがこんなにも豊富にいるのは、北海道ならではの特徴です。


海や湖での釣りも、見逃せないところです。北海道で釣りをしたことがない皆さん。今一度、足をはこんでみてはいかがでしょうか?


ブログランキング・にほんブログ村へ