読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

繰り返される横浜F・マリノスの実りなき改革 サッカーまとめは考える

繰り返される横浜F・マリノスの実りなき改革 サッカーまとめ


f:id:mozzarellatan:20170303213604p:plain


もうすぐJリーグが開幕するが、オフシーズンから何かと賑わせていているのは間違いなく横浜F・マリノスだと思います。


クラブのバンティエラである中村俊輔ジュビロ磐田に放出をした他、小学校一年生からの生え抜きだった榎本哲也やレギュラーとして活躍していた小林祐三兵藤慎剛・ファビオなどが退団するなどクラブに大幅な変革を行ったからである。


幸い、大幅に減俸を提示した元日本代表の中澤佑二や栗原などは残留し、海外移籍濃厚だった斎藤学も残留を決めたことが、それでも衝撃を与えたことは間違いありません。


しかし、横浜F・マリノスがこのような改革をしたことは初めてではありません。


今回はこのマリノスの改革について触れてみたいと思います。



[スポンサーリンク]





過去にも松田直樹を始め、山瀬・清水・河合などの主力を大量放出


それは日本が南アフリカワールドカップで湧いた2010年の終わりの出来事。それまでクラブの生え抜きだった松田直樹戦力外通告を行ったことでした。サポーターに愛されていたこの選手に契約を行わないことをクラブが発表した際には署名活動などが行われたが、実らずに最終的にはJ2の松本山雅に移籍をしました。


他にもワールドユース(現U-20ワールドカップ)得点王の坂田大輔や元日本代表の山瀬なども戦力外とし、横浜F・マリノスサポーターはもちろん、他サポーターでさえマリノスのやり方に疑問を感じていました。


結果として翌年は一時首位になるなど、クラブの成績は上がったかもしれませんがサポーターとしては複雑な気持ちでチームを応援していたかもしれません。


生え抜きの選手やレギュラー選手に敬意を感じることが出来ない


f:id:mozzarellatan:20170303213614p:plain


今回の一番の問題点はまさにここだと思っています。例えば生え抜きの選手が退団ををする場合は海外では選手に選択肢を与えることが多いです。


チームとしては残留を望みますが、選手がもっと試合に出たい。などの理由で他のチームに行くことや引退を決めることはありますが、
クラブから退団を薦めたり、解雇を行うことはあまりありません。


それはこれまで長年クラブに貢献してきてくれた選手へのリスペクトだと思いますし同じ移籍をするにしても


・クラブから戦力外通告を受けたため移籍先を探した。
・更なる活躍をしたくて、移籍を決断した。


ではまったく印象が違ってきます。


例え結果が同じだとしてもです。


選手自身がそのような決断をしたのなら、サポーターは応援をするしかありません。しかし、クラブが決断をした場合はサポーターは納得をすることが出来ないでしょう。


同じバンティエラが移籍した広島の佐藤寿人に関してはまさにそれと言えるでしょう。出場機会が減ってきた佐藤寿人に対して、クラブは契約延長を申し出ましたが、佐藤寿人自身が試合に出たいとの強い希望により、名古屋グランパスに移籍をすることになりましたが、これにはサポーターの方も残念に思う気持ちと、選手として応援したい気持ちで送り出す決断をした広島サポーターはたくさんいたと思います。


しかし、横浜F・マリノスは今回、中村俊輔を失いました。中村俊輔に関しては戦力外通告ではないのですが、クラブがもっと話し合いを
行うべきだったと筆者は思っています。

[スポンサーリンク]




そもそも世代交代をクラブ主導で行うべきか?


f:id:mozzarellatan:20170303213623p:plain


2010年のときにも松田直樹が話していたことですが、「若手選手に押し出されたかった」と発言をしており、これが本来のあるべき世代交代だと思います。


かつて松田自身もアジアの壁と呼ばれ、日本代表だった井原正巳からポジションを奪い、移籍に追いやった経緯があるからである。


世代交代というのは本来はレギュラーだったベテラン選手から勢いのある若手が少ないチャンスを掴み、そこから奪還していく姿が本来の正しい姿であろう。


しかし、Jリーグで世代交代というと、無条件に若手にポジションが与えられるようにレギュラーだった選手は構想から外すことから始まることが多いのが現状である。


確かに空いた枠を争うことにより、選手のモチベーションは上がるだろう。しかし、それでは実力不足の選手がポジションを譲ってもらう形になってしまいます。


そういった改革の方法ではチームが強くなることは考えにくく、サポーターも愛情を持って選手を応援することが出来ないと思います。


ベテラン選手と呼ばれる選手の扱い方


筆者は実力の落ちたベテラン選手に無理に試合に出場をさせたりすることは決して望んではいません。


しかし、実力のある選手に対して、世代交代という言葉で簡単にベテラン選手を放出したりするのは違うと思っています。


まして生え抜きだった選手に対しては、選手はもちろんですがサポーターの思いが詰まっていることを忘れてほしくないです。


今回の大幅な改革に関しても現段階では戦力がダウンしたかどうかは判断がつきません。補強している選手を見ていると楽しみな選手が多いとは思います。


ただ、この戦力補強を生え抜きの選手がいる状態にして行うことが出来なかったのだろうか?そう筆者は思ってしまいます。サッカーまとめでした。


ブログランキング・にほんブログ村へ