読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トヨタではなくスバルを買えば良かった(株の銘柄選びの話) ★株式投資 初心者必見

トヨタではなくスバルを買えば良かった(株の銘柄選びの話)


株を買う時には銘柄選びが非常に重要です。当たり前の話ですが、銘柄選びで大きく差がつくのが株式投資の面白い所です。株で損をすると思っている人は銘柄選びを間違っていることに大きな原因があります。


今回は自動車会社を例に取って、銘柄選びがどれほど重要かについて説明してみます。株式投資 初心者必見です。


スバルとトヨタ


銘柄選びが投資結果にどれだけ差をつけるかといった例を出すために、日本の自動車会社の大御所トヨタ自動車とスバルブランドの富士重工業の過去5年の株価を比較してみました。


f:id:mozzarellatan:20170223233742p:plain

少し見辛いですが、大きく飛びぬけているのが、富士重工業株です。一方トヨタ自動車株は日経平均株価をほぼ同じような動きをしていることが分かります。株価は5年間で次のように変化しました。


富士重工業・・・698.6%
トヨタ自動車・・・193.8%
日経平均株価・・・199.3%


トヨタ日経平均に投資をしていた人は5年間で株価が約2倍になっています。これだけでも十分すごい数字ですが、富士重工業へ投資をした人は株価は約7倍になっています。


100万円投資していた場合、トヨタ日経平均は約200万円になった計算ですが、富士重工業は約700万円にもなり、約500万円も差が開いた結果となります。


トヨタは御存知の通り、世界を代表する自動車メーカーですが、富士重工業知名度のある立派なメーカーです。同じ国内自動車株でも、銘柄選びによって、大きく差が開くことが分かると思います。


なお、他の国内自動車メーカーでもここ5年間で富士重工業株ほど大きく値上がりした銘柄はありません。



[スポンサーリンク]




なぜ富士重工業株は7倍になったのか?


f:id:mozzarellatan:20170223233802p:plain

なぜ富士重工業株は5年間で約7倍になったのでしょうか。トヨタ自動車のここ5年間の業績は決して悪いものではありませんでした。売上高や純利益、販売台数もスバルの伸び率には及ばずとも、トヨタ自動車もそれなりに伸ばしています。理由は様々ありますが、大きなものを3つ紹介します。


北米市場の好調で利益率が高い


富士重工業の主戦場は日本では無く、アメリカです。アメリカを中心市場と捉え、スバルブランドの浸透に力を注いできました。アメリカは広大な土地がある為、大型車が良く売れると言われています。利益率の高い大型車の売れるアメリカ市場がここ5年間、リーマンショックからの回復過程で好調だったことが、富士重工業の躍進の一つの要因です。

[スポンサーリンク]




国内での製造比率が高い


富士重工業は国内製造の比率が比較的高い自動車メーカーです。全生産台数の内、約3分の2を国内で生産しています。一方トヨタは海外生産を多く行っており、国内生産台数は全製造台数の4割程度です。したがって、富士重工業の方が輸出の比率が高く、為替感応度が大きい会社となります。ここ5年でドル円は大きく円安へ動きました。富士重工業は円安の恩恵も大きく受け、躍進してきました。


ROE自己資本利益率)が高い


富士重工業は国内他業種と比較しても、高いROEを維持し、効率的な経営を行っている会社です。2015年度本決算での富士重工業トヨタ自動車ROEはそれぞれ次の通りです。


富士重工業・・・36.9%
トヨタ自動車・・・13.8%


富士重工業ROEは非常に素晴らしい数字となっています。ROEを重視する海外投資家の買いが富士重工業株に集まったと見られています。


このようにここ5年は富士重工業の経営戦略が大当たりとなりました。経営戦略によって業績の開きはもちろんですが、株価にここまで大きく差が開くということを認識頂ければと思います。


銘柄選びは非常に重要


f:id:mozzarellatan:20170223233823p:plain


当たり前の話ですが、銘柄選びは株式投資の非常に重要な要素になります。銘柄選びに成功すれば、全体の株価が下がっている中で大きく儲ける事も可能です。良い銘柄の見分け方は人それぞれで様々な方法があります。一例を紹介します。


・企業の独自の製品や他にはない特徴を分析する
・割安に放置されている優良企業を探す
・企業の際立っている指標を探す


良い銘柄を見分けることは非常に難しいことでもあります。様々な分析や経験が必要となります。そもそも簡単に良い銘柄が見つかれば、世の中投資家だらけになります。銘柄選定は根気強く行ってください。


特に投資を始めて日が浅い方は、株を買う時になぜ買うかを明確にする癖をつけるようにしましょう。人になぜその銘柄を選んだかを聞かれた時に、相手を納得させるような理由を見つけることがお勧めです。正解、不正解は未来にならないと分かりませんが、論理的に銘柄選定を行っていく内に、経験や感性が磨かれていきます。


いずれこの銘柄は絶対に儲かると自信を持って買える株に出会う日が来るように、株式投資を行ってみてください。


まとめ


f:id:mozzarellatan:20170223233844p:plain


株式投資は銘柄選定で成功・失敗の大部分が決まります。トヨタ自動車富士重工業は5年で大きく差がつきました。5年前にこの結果を予想できた人はほとんどいませんが、海外生産比率やROE等は5年前の時点で両社の数字に違いがありました。株式の評価を左右する違いをしっかり見つけて投資を行うことで、結果にも大きな差が表れる可能性があります。


ブログランキング・にほんブログ村へ