日本株は割高?割安?PERとPBRで検証し総合的に投資判断が必要

日本株は割高?割安? PERとPBRで検証してみる


最近、日経平均株価が19,000円台を付けており、いつ20,000円台に行くのかと楽しみにしている方も多くいると思います。一方で、株を買いたいけれど株が上がりすぎて買うのが怖いという方もまた多いと思います。


実際に株は上がりすぎているのでしょうか。今回は株の割安性を示す2つの指標、PERとPBRを使って、日本株は上がりすぎているかどうかをチェックしてみます。




[スポンサーリンク]



PER、PBRって何?


f:id:mozzarellatan:20170320015051p:plain


まずはPERとPBRという2つの用語について、簡単に解説します。


PER(株価収益率)


PERは株価収益率と呼ばれ、企業が稼ぎ出す利益に対して、株価がどの程度の価値であるかを見る指標です。式は次のように表されます。


PER(株価収益率)=時価総額÷当期純利益


例えば、時価総額1,000円の企業の当期純利益が100円だった場合、PERは10倍となります。企業の年間純利益の10倍の評価を受けている株であるとも言えます。


PERは企業の割安性を測る重要な指標です。PER10倍のA株と100倍のB株があった場合は、A株の方が割安だと言えます。業種や市場等によっても平均PERは異なりますが、同市場、同業種の銘柄の比較の際は非常に重要となる指標です。


PBR(株価純資産倍率)


PBRは株価純資産倍率と呼ばれ、企業の持つ純資産に対し、株価がどの程度の価値であるかを見る指標です。式は次のように表されます。


PBR(株価純資産倍率)=時価総額÷純資産


例えば、時価総額1,000円の企業の純資産が500円だった場合、PBRは2倍となります。企業の持つ純資産に対して、株価は2倍の評価を受けていると言えます。


また、PBRは解散価値とも呼ばれます。今回の例だと、企業が倒産した場合、株主には純資産の500円しか残らない為、1,000円で買った株主は損をする事になります。PBR1倍の場合は株価と純資産が同じ額です。


PBRが1倍未満の場合だと、純資産の方が多い状態である為、理論上はこの会社が倒産した場合、株価よりも多くの資産が戻ってくる事になります。つまり、PBR1倍未満の株式は割安と言えます。これは理論上の話なので、PBRが1倍未満の株を買ったら絶対に損をしないというわけではありません。あくまでも割安性を測る為の判断材料の一つとして活用してください。


[スポンサーリンク]



日本企業のPER、PBRはどれくらい?


f:id:mozzarellatan:20170320015103p:plain


日本株が割安か割高かを判断するために、日本企業のPERとPBRを見ていきます。データは株式会社日本取引所グループのホームページを参照しています。


http://www.jpx.co.jp/markets/statistics-equities/misc/04.html(株式会社日本取引所グループ 「規模別・業種別PER・PBR(連結・単体)一覧」)


PER


2017年1月末時点での日本株の市場別PER(連結・単純)は次のようになっています。


東証一部・・・19.7倍
東証二部・・・17.4倍
マザーズ・・・79.9倍


業種によっても違いがありますが、一般的にPERは15倍を下回ると割安であると言われます。ちなみにマザーズの平均PERは非常に高くなっていますが、新興市場の銘柄はPERで測れない部分が大きいです。新興銘柄は将来の大幅な利益成長を期待して買われるため、PERは高くなります。日本株は割安とは言えないですが、決して割高な水準ではありません。


PBR


2017年1月末時点での日本株の市場別PBR(連結・単純)は次のようになっています。


東証一部・・・1.2倍
東証二部・・・0.8倍
マザーズ・・・5.7倍


PBRは1倍未満だと割安であるとみなされます。東証二部の銘柄は平均PBRが1倍未満と割安の水準です。東証一部は1倍を超えていますが、まだ1倍を少し超えている程度です。マザーズのPBRが高い理由はPERの時と同じです。PBRで見ても、日本株は決して割高な水準ではありません。


他の国のPER、PBRと比較してみる


PER、PBRは割安、割高を測る比較のための指標です。絶対値だけではなかなか判断が出来ません。他の国のPER、PBRと比較して、日本株が割高かどうかを見ていきます。データは株式会社日本取引所グループのホームページを参照しています。


http://www.capital.co.jp/jp/research/macro/index.html
(キャピタル・パートナーズ証券株式会社 「マクロ経済指標」)


なお、データは2016年12月末のデータのため、純粋な比較にはなっていません。あくまでも参考としてご覧ください。


PER


米国(S&P500)・・・20.9倍
ドイツ(DAX)・・・18.0倍
中国(上海総合)・・・17.6倍
インド(BSE500)・・・23.14倍


各国20倍前後となっています。先進国、新興国と比べても日本株の平均PERは一般的な値と言えます。割安感はないですが、決して割高な水準ではないと言えます。


PBR


米国(S&P500)・・・2.9倍
ドイツ(DAX)・・・1.8倍
中国(上海総合)・・・1.7倍
インド(BSE500)・・・2.4倍


米国の高さが際立っています。ただ他の国と比較しても、日本株のPBRは割安な水準となっています。日本株の中にはPBR1倍未満の株もまだ少なからず残っており、PBRで見れば、日本は割安な市場となります。


まとめ


f:id:mozzarellatan:20170320015117p:plain


PERで見た日本株は一般的な水準、PBRで見た日本株は割安な水準という結果でした。日本株が高くなって買うのが怖いという方は、是非参考にして頂き、日本株の今後に期待してみてください。


注意点としましては、PER、PBRも万能な指標ではないという事です。他の指標やニュースなどもチェックして、総合的に投資判断を行うようにしてください。
www.momochakei.com

ブログランキング・にほんブログ村へ