読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イギリスの名匠デヴィッド・リーン監督の異色作『ライアンの娘』を観る ★おすすめ洋画です。


1971年公開。壮大な自然を背景に、歴史・愛憎・人間愛を描いた名作映画


f:id:mozzarellatan:20170219205731p:plain

 
 1970年代の映画には、いい作品が沢山あります。時代的には、ちょうど日本では沖縄が日本に返還されたりした頃です。最近では、全国の映画館で「午前十時の映画祭」と言って過去の名作映画をスクリーンで上映しているので、そのリバイバル上映で話題になり、初めて知った人の方が多いかもしれません。


自分もその一人です。初めてスクリーンで『ライアンの娘』を見た時には、昔の映画には、壮大で、本気で作ったものが多いのだなーと感心させられました。とても面白かったです。一説によると、かの大女優・吉永小百合さんが、大好きな映画の一本としてこの『ライアンの娘』を紹介していたそうです。もしかしたら、女性の方が好きな映画かもしれません。何故なら、ラブストーリーがメインに描かれているからです。


 あらすじを簡単に紹介すると、20世紀の初頭、とあるアイルランドの小さな村で、アイルランド人の人妻と、イギリス人将校の不倫を背景にして、イギリスからのアイルランド独立運動のことを描いています。


 イギリスから独立したがっているアイルランド人と、権力の側から村に派遣されてきたイギリス人将校との不倫ですから、人妻は村の人々から反感を買ってしまいます。一方、人格者の夫はその事実を知り・・・と言った感じです。ただ、ラブストーリーだけではないこの『ライアンの娘』の魅力をお伝えしたいと思います。おすすめ洋画です。



[スポンサーリンク]



壮大な自然を撮った功績が認められ、アカデミー賞の撮影賞を受賞

f:id:mozzarellatan:20170219205746p:plain

 
 デヴィッド・リーン監督は、『アラビアのロレンス』や『戦場にかける橋』などの作品が有名です。どれも壮大な歴史モノや自然の描写が素晴らしく、大作を何本か残したことで有名な監督です。


アカデミー賞もベルリンも、カンヌでも受賞しているというとても偉大な監督です。3大映画祭の全てで受賞するというのはかなり難しいことですから、相当な天才だと世界から認められているということだと思います。


 ちなみに、かのスピルバーグ氏もデヴイッド・リーンの『アラビアのロレンス』を観て映画監督を志す様になったと話していたそうです!世界中の映画監督やクリエイターに影響を与えまくっている巨匠中の巨匠と言えるかもしれません。


 『ライアンの娘』は、一見するとラブストーリーがメインになっている様に見えてしまうので、他の作品よりは人気がない様に感じられます。ですが、背景に描いたアイルランド独立運動のことや、この作品で助演男優賞を受賞したジョン・ミルズ演じる知的障害のある男性の人物像を通して人間愛や、歴史について考えさせられます。ジョン・ミルズの名演は、特に『ライアンの娘』の中でアクセント的な役割を果たしていて素晴らしいと思いました。


 この様に壮大な歴史スペクタル映画を見てしまうと、最近の軽薄でポップなだけの恋愛ものなどが軽くて軽くて見ていられない・・・と言った映画ファン達の心の声が聞こえてくるのも理解できます。

[スポンサーリンク]



せっかくなので、アイルランド独立運動のことを少しだけ調べてみます

f:id:mozzarellatan:20170219205758p:plain


 主人公のロージー・ライアンを演じるサラ・マイルズは、キュートながら、なかなか癖のある女性の役を演じています。ですので、わがままな部分を女性の観客は自分に投影しながら見れるかもしれませんが、男性の観客はもしかすると、苦手に思う人もいるかもしれません。キャラクターの好みは見る人にお任せするとして、ここではアイルランド独立運動のことを少し調べてみます。


 この映画は、アイルランド独立運動の起こる前の時代を描いています。アイルランド独立運動とは、イギリス政府が、アイルランド自治法という法律で、自治領の成立をいったんは認めたのですが、第一次世界大戦の勃発によってその計画が凍結されてしまったことが原因で起きた戦争です。


 アイルランド人は、イギリスとは違うんだ、という強固なアイデンティティがある様です。なかなか日本にいるとそう言った民族独立の感じというのは実感しにくいです。


 歴史上のことを文字で学ぶとなかなか理解できる範囲は狭いですが、こう言った映画で見ると、とてもわかりやすいなと思います。ちなみに余談ですが、ケン・ローチ監督の『麦の穂をゆらす風』というアイルランド独立運動を描いた作品もなかなか素晴らしいです。こちらの映画は、イギリスとアイルランドが共同で製作しています。


まとめ


 アイルランド人女性とイギリス人将校の恋愛を通して描いたアイルランド独立運動直前の時代を描いた映画の紹介をしましたが、このイギリス人将校役のクリストファー・ジョーンズが戦争のトラウマを抱えながら生きる将校を色気たっぷりに演じています!


一説によると、ちょうどジョーンズ自身がその頃にプライベートで親しくしていた女優が殺害される有名な事件があったことも彼の暗い影に影響しているのだと思います。本当にいい俳優さんなので、その事件がなければもっとたくさんの映画に出演していたのだと思うと、残念です。味のある俳優達の名演にも注目してみてくださいね。おすすめ洋画です。


ブログランキング・にほんブログ村へ