ONCE ダブリンの街角で アイルランド映画、低予算ながら大ヒット!


予算がなくても、監督の熱意で出来上がった作品が、口コミで大ヒット!


f:id:mozzarellatan:20170219204752p:plain

 
 アイルランドのダブリンを舞台にした2007年の映画作品です。主人公の男は、ストリートミュージシャンとして日々、ダブリンの街角で弾き語りをしています。


 ある日、花売りの女が男の音楽に惹かれ、声をかけます。掃除機の修理を男がしているとわかった女は、修理を持ちかけ、それを機に二人は音楽的な交流を深めます。女は、チェコからの移民で母親と幼い娘との3人暮らしです。


 女の父親は、プロのオーケストラでバイオリン弾きをしていましたが、手を痛めて自殺したと女は男に話します。そうやって、徐々に交流していく二人ですが・・・。


 ミュージシャンとして成功する夢を抱く男と、貧しいながらもピアノを弾くことに幸福を感じる女のささやかな交流を、素晴らしい音楽とともに描いています。決して派手な作風ではありませんが、アイルランドの灰色の空の下、二人が音楽を通して前向きに生きようとする姿がまぶしく光ります。


 その中で演奏される曲の数々は、さすが本物の歌手である主演の二人が演奏するだけあって本格的です!音楽を一聴するだけでも見る価値はあると思いますので、音楽好きな方には特にオススメの映画です。




[スポンサーリンク]



ジョン・カーニー監督の音楽センスとそのバンドマン経験が冴え渡る!

f:id:mozzarellatan:20170219204815p:plain


 そして何と言っても素晴らしいのは、主人公二人の演奏に賛同して集められたバンドの演奏も素晴らしいことです。ジョン・カーニー監督は、以前、アイリッシュ・ロックのグループでベースを担当していたそうです。そのバンドのプロモーションビデオを手がけたりする中で、徐々に映画監督としての頭角をあらわしたようです。


 そんな音楽畑出身の監督だからこそ、出来上がった本物感の漂う音楽映画なのだと思います。特に劇中、バンドがスタジオで録音するシーンは、なかなか現実的で、本物の現場を知る人でないと知らない情報が多かったように思います。


 特に、スタジオの料金を交渉するシーンのやり取りは、現実感があり本物っぽかったです。監督自身が実際に経験してきたバンドマン経験を、この映画に込めているのだろうと思いました。


 そんな音楽に詳しい監督の撮った作品ですので、ぜひ音楽に注目してみてくださいね。


[スポンサーリンク]



プロのミュージシャンとして活躍する主演の二人に注目!


f:id:mozzarellatan:20170219204838p:plain


 主演の二人が歌うシーンもとても素晴らしいですが、この二人は実際にプロのミュージシャンとして二人で活躍しているそうです。


『Falling Slowly』という二人が劇中で歌い演奏する曲が本当に素晴らしいのですが、この曲で二人は、アカデミー賞の歌曲賞を受賞します!(正直、歌曲賞というものがあることをこの時まで自分もよく知りませんでした・・・)映画のストーリーに乗せて聞くと、とても感動しますので、映画と一緒に聞いてくださいね。


 主演の二人は、ハンサードとイルグロヴァといって今でもミュージシャンとして世界で演奏しているそうです。どこかで本物が聴ける日が来るかもしれませんね。


 ちなみに監督のジョン・カーニーは、主演のハンサードが組んでいたバンドのベースを担当していた縁で、彼を起用するに至ったようです。ところが、映画の予算を組む段になって、アイルランドのお役所の担当者が不在だったため、予定よりもかなり低予算で映画の撮影に入ることになったそうです。


 そういった低予算の感じも映画の端々で感じられます。自宅のシーンなどは、監督や出演者の本物の自宅を使って撮影したようです。ですので、まるで自主制作映画です・・・。


それがアカデミー賞の歌曲賞に輝いたわけなので、本当に報われてよかった・・・と思います。


 余談ですが、映画の中に主人公の二人が銀行に融資に出向く場面があります。バンドの録音をスタジオでするのにお金がなかった為です。そこの銀行の担当者が、実が音楽好きの変人で、なかなかいいキャラクターでした。


 そういう場面描写はもしかしたら、監督自身が映画の制作に向けて予算を取る中で経験した大変さを込めているのかもしれません。(なかなかああいった面白いキャラクターの銀行員には出会えなさそうですが・・・。出会えたら嬉しいですね)


まとめ


 ハリウッド映画のような華やかさはない作品ですが、かえってそれがダブリンの灰色の空の下に登場人物の心象風景を反映して印象に残る作品になっていると思います。登場人物たちも、全く派手な服装や身なりはしていません。貧しいけれども夢を抱く若者のリアルな姿が描かれています。その若者の夢に向かって前向きに生きようとする気持ちを歌の歌詞に込めて描いています。


 歌のレベルも非常に高いので、歌詞共々、楽しみながら観てみてくださいね。きっと、夢を叶えようとする貧しい若者たちから素晴らしい生きるヒントが得られると思います。主演の二人はプロの俳優ではないので、一人のミュジーシャンとしてのリアルな姿が観られて、かえってそれが新鮮でした。おすすめ洋画です。
www.momochakei.com

ブログランキング・にほんブログ村へ