「戦場のピアニスト」で世界史を学ぶ。一生に一度は観ておきたい名画


ポーランド出身のロマン・ポランスキー監督が映画化


f:id:mozzarellatan:20170210233405p:plain


 ポーランド出身の映画監督ロマン・ポランスキー監督が、実在したユダヤポーランド人ピアニストの体験記を元に製作した映画です。この「戦場のピアニスト」は、カンヌ映画祭パルムドールという最高の賞を受賞しているので、既に知っている人も多いでしょう。


とあるユダヤ系ピアニストが、ナチスに追われ、家族と離れ離れになりながらも必死で生き抜こうとする姿に胸を打たれます。


 ポランスキー監督自身も、第二次世界大戦ナチス政権下でユダヤ人としてゲットーに収容されていた経験があります。監督自身が目にしたり経験した過酷な体験をこの映画に込めているので、映画全体に本物の迫力があります。


よく、’’戦場を見てきた人でないと、本当の戦争は描けない‘’といったことが言われますが、ポランスキー監督は自分自身が迫害された経験があるので、ニセモノの戦争映画では決して描けない本物の怖さや、緊迫感、悲惨さがあります。片手間では決して作れない本物の名画だと思い、おすすめ映画です。



[スポンサーリンク]


文字情報ではわからない、映像だからこそわかる戦時下の様子


f:id:mozzarellatan:20170210233420p:plain


 戦争体験者による手記や、絵などもたくさんあるかと思います。ですが、映画という手段を取ることで、見る人はリアルな戦争中のユダヤ人の様子を追体験するチャンスが得られます。食べ物がなくなり、飢えていく様子や、信頼していた人に裏切られていく様など、とても辛くなるのも事実です。


 ですが、同じ人類が過去に犯した出来事を、未来に生きる私たちが追体験して、二度と同じ様なことが起きない様にするのも私たちの務めではないでしょうか。正直、内容は重いので、エンターテイメント作品の様に気軽な気持ちで見始めるのとは異なるかと思います。ですが、少しでも歴史に興味がある人や、もしくはピアノ音楽に興味のある人は必見の名画です。


 悲惨な戦争の最中で響くピアノの音色が美しく、そしてとても悲しい音色です。ナチスから追われて、必死に逃げ惑う主人公のピアニストが家族と離れても必死で生きようと希望を持てたのはこのピアノのおかげでした。


また平和な世の中になってそこで自分の好きなピアノを弾きたいというその一心で主人公は過酷な戦争の中を、ナチスの目を逃れてなんとか生き抜くことができたのだと思います。家族を失って一人になっても生きる希望を見出せたのは音楽のおかげだと思うと、人間にとって究極状態になると何が大切かわかるの自然と見いだせるのかな、と思います。

[スポンサーリンク]



主演のエイドリアン・ブロディが最年少でアカデミー主演男優賞を受賞


f:id:mozzarellatan:20170210233431p:plain


 この「戦場のピアニスト」で主演をつとめたエイドリアン・ブロディアカデミー賞主演男優賞を受賞して一躍、脚光をあびることとなりました。若干、29歳の時でした。彼は、今も様々な映画作品に出演し、個性的な演技と、独特な存在感を放っています。


そんなブロディもユダヤ系の血筋だそうです。この映画の主人公の境遇が、決して他人事ではない彼だからこそできた迫真の演技だと思います。彼の父親も、ホロコーストで家族を亡くしているそうです。その理不尽な歴史を背負った彼が、主演を果たすのも当然のことだったのかもしれません。


 映画の途中、ナチスから逃れ、隠れ部屋に隠れて生活する主人公は、次第に栄養不足や心労等が重なって、病気がちになっていきます。その様子が、とても演技とは思えない、本物の迫力があります。そんな役作りを徹底した彼がアカデミー賞に輝いたのは当然のことだな、と思いました。彼以外にこの役をできた人がいるのかと思わせるほどの、迫力ある演技です。一見の価値ありです。


まとめ


 2017年に入ってから、アメリカの大統領が変わり、世界では人種差別の問題などがよく叫ばれる様になりました。私たち人類は、過去の歴史でたくさんの過ちを行ってきたことを既に知っています。こういった真実の映画を見て、過去の歴史に想いを馳せ、これから私たちはどうしていけばいいのか平和について考える良い機会を得られます。


 また、最近の社会情勢を受けて、アメリカで活躍した故ビリー・ワイルダー氏がアカデミー賞を受賞した時のスピーチが話題になっています。1987年の第60回のアカデミー賞の授賞式では、ビリー・ワイルダー監督が、自分もユダヤ人としてアメリカに亡命して命からがら逃げてきたこと、そしてビザが切れた後に祖国に強制送還されそうになった際、アメリカの領事がなんとか助けてくれたことを語っています。


「いい脚本を書けよ」と言ってアメリカ滞在許可のスタンプを領事官が押してくれて、そのおかげで今の自分がなんとか生きて映画監督をしていることを感謝していました。ビリー・ワイルダーは、その命の恩人の言葉を胸に脚本家・映画監督として一生懸命、いいものを描こうと努力してきたそうです。


 そういったユダヤ系移民が作った国アメリカという側面があります。ナチスが起こした悲劇が二度と起きない様、今後も長く伝えられるべき映画があります。おすすめ映画です。
www.momochakei.com

ブログランキング・にほんブログ村へ