読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界と戦うために今、日本が必要なこと 現状の日本のサッカーワールドカップについて考えまとめる


世界と戦うために今、日本が必要なこと

今年は2018年ロシアワールドカップに向けての最終予選が行われています。日本代表にとって初めてワールドカップに出場してから続く6大会連続出場に大いに期待が集まると思うのですが、日本代表は今やワールドカップに出場することが当たり前のようになってきています。


しかし、前回大会でわかるように日本代表はアジアでは結果を残すことが出来てもワールドカップやオリンピックなどの世界大会では輝かしい成績を残すことが出来ていないことが現状です。


それでは、いま日本代表が世界で戦うためにはどうすれば良いか?をサッカー まとめでは考えていきたいと思います。


f:id:mozzarellatan:20170128001932p:plain



[スポンサーリンク]



日本人選手がビッククラブに移籍すること


当たり前のことですが、これから世界のビッククラブと呼ばれるクラブに日本人選手が在籍するのはもちろん、活躍を出来るようになることがワールドカップでの躍進はありません。


現在は日本人の所属するクラブは多くが中小クラブと呼ばれるクラブやビッククラブへのステップアップにつながるようなクラブに所属していおり、過去にはビッククラブと呼ばれていたミランインテルは下降線に入っているクラブです。


そのクラブで絶対的レギュラーになれていない状態で日本代表が世界と戦うことはできないと筆者は考えています。


残念ながら現在の状況でレアルマドリードバルセロナに所属できるような選手が現れていないので、日本代表がワールドカップで好成績を残すことは非常に厳しいと思います。


f:id:mozzarellatan:20170128001940p:plain

[スポンサーリンク]


アジアのレベルを引き上げること


それでも日本ではワールドカップ予選は突破して当たり前のように連日報じられているのはどうしてでしょうか?答えは簡単で、アジア全体のレベルが低いことが一番の理由です。


確かに近年ではアジアのレベルが上がってきているとの報道がされるようになってきました。しかし、どちらかと言えば、今までが低すぎたのです。


ここ数年で中国リーグが盛んに大型移籍を成立させて、現役の代表選手をいわゆるチャイナマネーで呼び寄せていることはサッカーを多少でも知っている方ならご存知だと思います。


国内リーグのレベルが上がると必然的に代表が強くなることはJリーグが実証しているとは思います。日本はほとんど韓国に勝つことはありませんでした。それがJリーグが発足し、多くの代表選手や元代表選手をリーグに招くことが出来たことで日本人選手は世界のプレーを知ることが出来、日本人選手自体のレベルが上がったことで、アジアの強豪と呼ばれるまで成長しました。


よって今後中国が飛躍的にレベルが上がること容易に想像がつきます。


ただ、他の国ではそのような動きがないことが今後の懸念材料です。このままだと日本・韓国・オーストラリア・中国が当たり前のようにアジア予選を突破し、他の国はアジア予選に参加するだけになってしまいます。


サッカーに絶対はありませんが、ジャイアントキリングと呼ばれる格下のチームが格上のチームに勝つことはそんなに何度も続きません。


筆者は日本代表を強くするにはアジアを強くすることが間違いないと思っています。それがたとえアジア予選を通過できない結果となったとしても、アジアのレベルが上がることで世界への扉は開かれると思います。


そのために日本が行うことは?


国内リーグの底上げと他国への選手派遣が今後の日本代表の発展になると思います。


国内リーグの底上げに様々な国の代表選手が在籍するような魅力あるリーグへの成長はもちろんですが、アジアの弱小国、例えばタイのメッシと呼ばれるような選手の獲得や原石と呼ばれる選手の発掘すること。


ヨーロッパではよく日本人選手を軽視しているというようなことを聞くことがありますが、サッカーにおいては日本ではアジア選手を軽視する傾向があると思います。


今年はジュビロ磐田ウズベキスタンの選手をJリーグで初めて獲得するなど少しずつ新たな試みが行われているので、そういった点でも注目をして頂けるとJリーグも楽しみながら見れると思います。


また、もう一つはACLに出場するクラブに日本人選手が在籍することが今後の日本代表はもちろん、アジアの発展につながっていくと筆者は考えます。


リーグ単体で見るとレベルは落ちてしまうかもしれませんがアジア特有のずる賢さや激しいプレーなど、Jリーグとは違う環境で育った選手がもっと出てきてくれることで、様々な特徴を持った選手が生まれてくると筆者は考えます。


ACLを見る立場からしても、仮に日本クラブが敗退したとしても日本人選手が在籍するクラブがクラブワールドカップに出場し、南米やヨーロッパのクラブと対戦している姿を見れることにより注目度が上がると共に、もし活躍をすることが出来ればヨーロッパへの移籍のチャンスが出来るので、選手、サポーターどちらにもメリットのある選択肢だと思います。


最後に


筆者は日本代表には強くいてほしいですし、出来ればこれからもずっとワールドカップに出場してほしいと考えています。ただ、出場はしたけど、結果はグループリーグ敗退やベスト16敗退などの結果を見続けることもしたくありません。


今後日本代表が世界でベスト4、しいてはワールドカップ優勝を目指すのであれば、日本サッカーの発展だけではなく、アジア全体のレベルを上げることが今後必要なことになってくると筆者は考えています。目先の勝利に一喜一憂するのではなく、常に高レベルな争いが行われるように発展を願うのがイチサッカーファンの願いです。以上サッカー まとめでした。


ブログランキング・にほんブログ村へ